【大学受験2017】早大の英語4技能テスト利用型入試、基準はTEAP280点など

教育・受験 高校生

早稲田大学 入学センター
  • 早稲田大学 入学センター
  • 早稲田大学「英語4技能テスト利用型」の基準スコア
  • 「英語4技能テスト利用型」の開始年度、募集人員、試験日程
 早稲田大学文化構想学部・文学部は、2017年度入試より英語の外部検定試験を利用した「一般入試(英語4技能テスト利用型)」を導入する。有効となるのはTEAP、IELTS、英検、TOEFL iBTのいずれかで、3月31日に基準スコアが公開された。

 文化構想学部と文学部では、英語における4技能「読む:Reading」「書く:Writing」「聞く:Listening 」「話す:Speaking」についてバランスのとれた力を有する学生を獲得する目的から、高校の学習内容に則った形で新たな入試制度の導入を決定。2017年度入試から行うことを、2015年9月に公表していた。

 「英語4技能テスト利用型」の基準スコアは、TEAPが280点、IELTSが6点、実用英語技能検定が1級・準1級(2015年2月~2016年3月受験者)またはCSE2.0で2,200点(2016年4月以降受験者・1級、準1級、2級に限る)、TOEFL iBTが60点。受験スコアは「出願開始年月日より2年遡った月の翌月初日以降」に受験した試験結果が有効になる。

 導入初年度の2017年度入試では、2015年2月1日以降に受験した試験結果が有効。また、総点のみならず「Reading」「Listening 」「Writing 」「Speaking 」の全項目に設けられている基準点を上回る必要がある。TEAPは各65点、IELTSは各5点以上、実用英語技能検定CSE2.0が各500点、TOEFL iBTが各14点。

 「英語4技能テスト利用型」の試験は、各英語4技能テストを受験のうえ、2017年2月(各一般入試日程と同日)に早稲田大学早稲田キャンパスで行われる。英語4技能テストのいずれかで基準点を上回っている受験者については、学部一般入試の国語・地歴2教科の合計得点により判定。2教科についても合格基準点が設けられており、基準点に満たない場合は不合格となる。

 出願期間はセンター試験利用入試と同一日となる予定、詳細は2016年11月上旬に公開予定の入学試験要項にて通知される。募集人員は文化構想学部が70名、文学部が50名。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)