熊本地震、JASSOが被災者向け奨学金・支援金情報を掲載

 日本学生支援機構(JASSO)は4月20日、熊本地震の被災者に向けて奨学金の貸与・返還、支援金の支給などについての対応をホームページに掲載した。災害で住宅が半壊以上の被害を受けた学生には、返還が不要な支給額10万円の支援金制度もある。

生活・健康 大学生
日本学生支援機構
  • 日本学生支援機構
  • JASSO支援金
 日本学生支援機構(JASSO)は4月20日、熊本地震の被災者に向けて奨学金の貸与・返還、支援金の支給などについての対応をホームページに掲載した。災害で住宅が半壊以上の被害を受けた学生には、返還が不要な支給額10万円の支援金制度もある。

 JASSOは現在、熊本地震による災害で家計が急変し、奨学金の貸与を希望する学生を対象とした「緊急・応急採用奨学金」の申込みを受け付けている。対象は、大学・大学院・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程の学生。無利息の第一種奨学金と、利息付きの第二種奨学金があり、在学している学校を通じて申し込む。具体的な申込方法は、在学校に相談が必要。

 また、熊本地震による災害で学生本人が居住する住宅に半壊以上などの被害を受けた者には、返還不要のJASSO支援金(支給額10万円)も支給する。申込みは、在学している学校を通して行う。制度の概要は、JASSO政策企画部広報課に問い合わせる。

 なお、JASSOの奨学金には、災害などで奨学金の返還が困難になった者に向け、毎月の返還額を半分に減額して返還できる「減額返還制度」や、返還期限の猶予を願い出ることで一定期間返還期限が延期される「返還期限猶予制度」もある。減額返還の適用期間は12か月で、6か月分の割賦金を12か月で返還する。減額返還は最長10年まで延長が可能。手続方法の詳細や相談は、奨学金返還相談センターで対応している。

 このほか、JASSOでは熊本地震で被災し、緊急・応急採用奨学金の貸与を希望する学生のため、4月20日から4月28日まで特設相談窓口も開設している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)