小中学生向け学習サービス「学研ゼミ」7/1開始…教科学習・新聞・百科事典ほか

教育ICT 小学生

学研・NTT東日本が相互の強みを活かして、学習環境のICT活用を推進
  • 学研・NTT東日本が相互の強みを活かして、学習環境のICT活用を推進
  • 学研ホールディングス
  • NTT東日本
 学研は、学習クラウドサービス「学研ゼミ」の提供を7月1日に開始する。「学研ゼミ」で提供される無学年式教科学習教材「ワンダードリル」では、NTT東日本の学習プラットフォーム「ひかりクラウド スマートスタディ」を活用する。5月17日、学研ホールディングスとNTT東日本が発表した。

 学研ゼミのコンセプトは「『熱中できるマナビ』をすべてのご家庭に!」。教科学習「ワンダードリル」や子ども向け新聞、百科事典、保護者向け読み物など、各サービス540円(税込)/月で利用できる。タブレット端末による映像授業やテスト・演習問題の活用事例が増える中、学研の強みである豊富な教材コンテンツを学研ゼミとして提供することで、教育のICT化を推進するとしている。

 学研ゼミの中核的な教科学習コンテンツである「ワンダードリル」では、学習習慣をつけるためにゲーミフィケーションの要素を活用し、楽しみながら毎日挑戦できる。また、ドリルは実際の学年に縛られない無学年形式となっており、小1から中3までを初級・中級・上級・最上級に区分。どの級にもチャレンジできることで、苦手項目の学び直しや先取り学習に取り組むことが可能になる。

 「ワンダードリル」の提供には、一元的な学習管理を可能にするNTT東日本の学習プラットフォーム「ひかりクラウド スマートスタディ」が活用されている。プラットフォームの開発負担を抑えることで、学研はコンテンツ制作に専念できるという。10月以降も学研ゼミのコンテンツ群の増強などサービスの拡充を順次行う予定で、2016年中には「塾」「学校」などに向けたサービスの提供も予定している。

 また、学研とNTT東日本は、学校等の教育機関における光回線およびWi-Fiサービスの普及に向けて協業。NTT東日本が開発を行っている「アダプティブラーニング機能」の研究・開発にも協力していく。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)