2015年度「おもちゃ市場規模」8,003億円、トレカ復活・定番商品が好調

生活・健康 未就学児

玩具全般と主要10品目の市場規模の推移
  • 玩具全般と主要10品目の市場規模の推移
  • 2015年度国内玩具市場規模
  • 2015年度国内玩具市場規模(主要10品目)
 日本玩具協会は6月7日、2015年度玩具市場規模調査結果を公表した。2015年度国内市場規模は、前年度比99.0%の8,003億円。トレーディングカードゲームが復活したほか、「トミカ」「リカちゃん」など定番商品が売上げを伸ばし、好調だった前年並みの売上げを確保した。

 調査は、日本玩具協会の会員企業および東京おもちゃショー出展企業の出荷額をベースにさまざまな角度から調査・推計したもの。主要10分野とは、「ゲーム」「カードゲーム・トレーディングカードゲーム」「ジグソーパズル」「ハイテク系トレンドトイ」「男児キャラクター」「男児玩具」「女児玩具」「ぬいぐるみ」「知育・教育」「季節商品」。

 2015年度の国内玩具市場規模は、上代価格(希望小売価格)ベースで前年度比99.0%の8,003億円。過去10年で最高の売上げを記録した2014年度とほぼ同様の売上げを達成した。玩具の中核を占める主要10分野は、前年度比102.2%の5,015億円。過去10年で最高だった2014年度を上回った。

 「妖怪ウォッチ」「アナと雪の女王」という大ヒットキャラクターが売上げを大きくけん引した2014年度に対し、2015年度はトレーディングカードゲームの人気が復活。「トミカ」「リカちゃん」「シルバニアファミリー」「メルちゃん」「アンパンマン」などの定番商品が売上げを大きく伸ばした。

  分野別では、「リニアライナー」「オハナス」などの「ハイテク系トレンドトイ」が131.8%と、前年度より大きく伸長した。ミニカーやトイRCカーなどが人気の「男児玩具」116.7%、「レゴ」などのブロックが好調だった「知育・教育」107.1%、「カードゲーム・トレーディングカードゲーム」110.5%と、それぞれ売上げを伸ばした。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)