6年間でどう変化? 小6就きたい職業に「学び」が影響

 クラレが6月28日、小学6年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」ランキングを発表した。小学6年生男子の1位は「スポーツ選手」、女子は「保育士」。ランキングでは、小学校入学時の就きたい職業と比較し、入学時から6年間での変化も追っている。

生活・健康 小学生
小学6年生の「将来就きたい職業」ランキング
  • 小学6年生の「将来就きたい職業」ランキング
  • 男子の「将来就きたい職業」卒業時・入学時比較
  • 女子の「将来就きたい職業」卒業時・入学時比較
  • 男子の親の「将来就いてほしい職業」卒業時・入学時比較
  • 女子の親の「将来就いてほしい職業」卒業時・入学時比較
 クラレが6月28日、小学6年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」ランキングを発表した。小学6年生男子の1位は「スポーツ選手」、女子は「保育士」。ランキングでは、小学校入学時の就きたい職業と比較し、入学時から6年間での変化も追っている。

 ランキングは、2016年3月に小学校を卒業した子どもとその保護者を対象に実施したインターネットアンケート結果をまとめたもの。男子364名、女子398名、男子の親293名、女子の親300名の有効回答を得ている。また、比較した入学時の結果は、2010年4月に小学校に入学した子どもとその親を対象にクラレが実施したアンケート結果を用いた。

 小6男子の就きたい職業は、1位「スポーツ選手」17.6%、2位「研究者」9.1%、3位「エンジニア」6.3%、4位「ゲームクリエイター」、「医師」5.8%。1位「スポーツ選手」は入学時と変わらないものの、入学時の30.1%に比べ割合は大きく減少した。全体的には、「スポーツ選手」「研究者」「医師」以外は入学時に圏外だった職業がランクインしており、「研究者」や「エンジニア」「ゲームクリエイター」「建築家」など、6年間の学びを通して理工系分野への関心が高まったことがうかがえる。

 小6女子の就きたい職業は、1位「保育士」6.8%、2位「教員」6.5%、3位「看護師」5.8%、4位「薬剤師」5.0%、5位「動物園・遊園地」、「デザイナー」4.8%。入学時1位の「ケーキ屋・パン屋」29.6%は7位(4.5%)にランクダウン。6年間の学びを通じて興味の幅が広がり、人気が分散しているようすが見られた。教育・医療など「献身的」なイメージの職業が上位を占めたほか、「動物園・遊園地」の内訳でも動物関係が6割となるなど、人や動物とのふれあいをイメージする職業への関心が高まっている傾向があるようだ。

 また、男子の親が就かせたい職業は、1位「公務員」、「研究者」13.0%、3位「エンジニア」9.2%という結果に。1位「公務員」は入学時と変わらず、子どもの将来に安定を求める親心に変化はないようだ。入学時2位の「スポーツ選手」は7位にランクダウン。「研究者」や「エンジニア」は大幅にランクアップし、より現実的な職業についてほしいという親の思いがわかる結果となった。

 一方、女子の親が就かせたい職業は、1位「看護師」13.3%、2位「教員」9.7%、3位「公務員」8.7%。入学時3位の「ケーキ屋・パン屋」、8位の「芸能人・歌手・モデル」は圏外に外れたもののそのほかに大きな変化は見られず、小6女子と同じく教育・医療分野の職業がランクインした。

【小6男子が将来就きたい職業】
1位 スポーツ選手
2位 研究者
3位 エンジニア
4位 ゲームクリエイター
4位 医師
6位 教員
6位 建築家
8位 会社員
9位 宇宙飛行士
9位 鉄道・運輸関係

【男子の親が就かせたい職業(卒業時)】
1位 公務員
1位 研究者
3位 エンジニア
4位 医師
5位 会社員
6位 教員
7位 スポーツ選手
8位 建築家
9位 医療関係
10位 消防・レスキュー隊

【小6女子が将来就きたい職業】
1位 保育士
2位 教員
3位 看護師
4位 薬剤師
5位 動物園・遊園地
5位 デザイナー
7位 医師
7位 ケーキ屋・パン屋
9位 漫画家・イラストレーター
10位 マスコミ関係

【女子の親が就かせたい職業(卒業時)】
1位 看護師
2位 教員
3位 公務員
4位 薬剤師
5位 保育士
5位 医師
7位 研究者
8位 医療関係
9位 栄養士・調理師
10位 アナウンサー・キャスター
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)