【大学受験】私立中高一貫高2向け、Z会東大生講師に聞く夏休みの過ごし方

教育・受験 高校生

Z会東大個別指導教室プレアデス
  • Z会東大個別指導教室プレアデス
  • プレアデス本郷のラーニングラボ
 Z会グループが首都圏で展開する個別指導教室「Z会東大個別指導教室プレアデス」では、受験生と高校2年生を対象とした「夏の東大個別特講」を開講している。プレアデスの現役東大生講師は、私立中高一貫校高校2年生の夏休みの過ごし方として3つのポイントを紹介している。

 1つめは、「スタートダッシュを決めるなら今!」だということ。私立中高一貫校の高校2年生は、夏休みの時点で大学入試で問われる内容をほぼすべて習っている場合が多い。まとまった時間を取れる夏休みは、進度の早い学校の授業から一度離れ、復習や苦手克服を行う絶好の機会となる。高校2年生の夏から主要科目の対策を進めることで、高校3年生になった時に理科や地歴により多くの時間を割くことができ、ライバルに差をつけられるという。

 2つめは、周りに流されないようにすることが大切だということ。早い段階から塾に通うなど、受験に向けた対策を行っている生徒が周りに多い場合、不安を感じて焦るあまり夏期講習を大量に受講したり、問題集をやみくもに解いたりしがちだが、それが悪影響になる場合もあるという。各科目について自身の現状と目標を明確にし、現状を目標に近づけるには具体的にどうすれば一番よいのかをしっかりと把握することが重要だとしている。

 3つめは、自分に合った勉強法を見つけること。私立中高一貫校は、授業以外の学習も厳格に管理する学校や、受験のための授業はせず、学習には放任的な学校などさまざま。どちらの場合でもそのままでは、自分に本当に合った勉強法で勉強できない恐れがあるという。起床・就寝時間の設定から、特定の分野の勉強に使う教材まで、時間や気持ちの余裕のある高校2年生のうちに勉強の仕方や生活リズムなどをいろいろ実験し、自分に合うものを見つけることをお勧めしている。

 プレアデスでは、受験生や高校2年生を対象とした「夏の重要単元 2回完結特別講座」を開講している。現役東大生講師による1対1の個別指導では講義のほかに、東大入試に求められる力を身につけるため「現状分析面談」と「添削」を実施している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)