トビタテ!留学JAPAN第6期、九大・早大など計507人が合格

 文部科学省は2月10日、平成29年度官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」第6期派遣留学生の選考結果を発表した。応募学生1,336人のうち、九州大学28人、早稲田大学25人など138校の507人が合格した。

教育・受験 大学生
トビタテ!留学JAPAN
  • トビタテ!留学JAPAN
  • 合格学生数(国立大学)
  • 合格学生数(公立大学)
  • 合格学生数(私立大学・一部)
  • 留学先(地域)別派遣留学生数
  • 選考結果(申請コース別)
 文部科学省は2月10日、平成29年度官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」第6期派遣留学生の選考結果を発表した。応募学生1,336人のうち、九州大学28人、早稲田大学25人など138校の507人が合格した。

 トビタテ!留学JAPANは、民間企業などからの支援により、将来世界で活躍できるグローバル人材育成を目的とした留学促進キャンペーン。2014年にスタートし、2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指す。第6期は、4月1日~10月31日までの間に留学を開始する。

 第6期は228校から1,336人の応募があり、選考の結果、138校の507人が合格した。合格学生数を大学別にみると、九州大学が28人ともっとも多く、早稲田大学25人、金沢大学24人、東京大学20人、京都大学18人、東京工業大学15人などが続いた。

 留学先を地域別に見ると、欧州(19か国)が198人ともっとも多く、北米(2か国)159人、アジア(18か国)96人、大洋州(3か国)23人などが続いた。

 留学生の壮行会が3月4日に文部科学省3階講堂で行われる。参加者は、第6期派遣留学生と支援企業・団体、教育機関関係者、メディア関係者、文部科学省、日本学生支援機構関係者の計650名程度を予定している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)