エレコム、11ac対応無線アクセスポイント発売…ICT教育環境を支援

教育ICT その他

 エレコムは4月4日、ICT教育現場に適した次世代高速Wi-Fi規格11ac(IEEE802.11ac)対応無線アクセスポイント「WAB-M2133」を近日発売すると発表した。端末ごとの通信を均一化する「平等通信機能」を搭載。価格は5万3,784円(税込)。

 WAB-M2133は、端末ごとの通信状況を均一化する「平等通信機能」を搭載。複数端末の同時利用による動画再生やデータダウンロードにおいて、生徒ごとに通信処理がばらつくことで生じる待ち時間を軽減し、ICT教育現場に適しているという。

 また、複数の端末のデータを同時に送信できる「MU-MIMO機能」を搭載。端末側がMU-MIMO対応であれば、最大3台と同時通信・処理できる。集中して電波を送信する「ビームフォーミング」機能により、対応する端末では離れた場所でも快適な通信が可能。

 LANケーブルを使って電気を供給できるPoE受電(IEEE802.3at)対応により、電源がない場所や電源を敷設できない場所にも設置できる。マグネットや壁掛け・天井設置用金具が標準付属しており、スチール面や壁面・天井面などさまざまな場所に簡単に設置できる。さらに、いたずらや破損を防ぐセキュリティーカバーも付属。耐熱50度対応のため、夏場の学校といった高温になりやすい環境でも使用できる。

 さらに、大規模災害時に誰でも簡単に無線接続を可能にする災害用統一SSID「00000JAPAN」にも対応。災害時に避難所となった際、手持ちのスマホ、タブレットやPCへの安定した通信環境を提供する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)