エデュアス「ICTスタートキット2017」発売、タブレット・環境まとめて導入

教育ICT 先生

エデュアス「ICTスタートキット2017」 内容イメージ
  • エデュアス「ICTスタートキット2017」 内容イメージ
  • エデュアス「ICTスタートキット2017」 セット内容
  • エデュアス「ICTスタートキット2017」 構成(1/3)
  • エデュアス「ICTスタートキット2017」 構成(3/3)
  • エデュアス「ICTスタートキット2017」 構成(1/3)
  • エデュアス
 ソフトバンクグループで教育事業を担うエデュアスは4月11日、学校でのICT導入を支援する「ICTスタートキット2017」の販売を開始した。タブレットなどのICT機器導入を考える学校・教員に向け、レノボ社製の2in1タブレット「YOGA BOOK with Windows」40台とアクセスポイント、充電保管庫および各種学習支援ソリューションをセットで販売する。

 ICTスタートキット2017は、これからタブレットなどのICT機器を導入し、授業に活用する教員に向けたオールインワンパッケージ。まず揃えておくべき機器とソリューションがセットになっており、すぐにクラスにて展開できる状態で提供される。

 ソリューションは、協働学習支援ツール、学習の理解度を把握し個別学習を補うドリル、コミュニケーションスキルを育むSNS、調べ学習に使える辞書コンテンツを用意。協働学習支援(LMS)ツールは、ロイロの「ロイロノート・スクール」もしくはソフトバンク コマース&サービスの「schoolTakt」を選択できる。学校専用SNSはエデュアスの「ByTalk for School」を採用している。また、ICTスタートキット2017には、導入後にスタートキットを活用するための教師向けの活用研修実施も含まれている。

 アクセスポイントは、Ciscoもしくはバッファローを選択可能。タブレットは「YOGA BOOK with Windows」が採用されている。リアルペンでノートを取りつつ、そのままデジタルデータとして保存できる。OSはWindows 10 Pro。

 スタートキットの基本導入価格は430万円(税別)から。このほか、学校の要望に応じた各種オプションも用意されている。

 エデュアスは、「これまでの学校・教育現場へのICT機器・ソリューションの導入支援で培った豊富な経験やノウハウをもとに、今後も教育現場でのICT利活用を支援し推進していきます」とコメントしている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)