2018年卒「就職人気企業ランキング」発表、トップ2に航空会社

教育・受験 大学生

2018年卒 新卒就職人気企業ランキング(1~10位)
  • 2018年卒 新卒就職人気企業ランキング(1~10位)
  • 2018年卒 新卒就職人気企業ランキング(11~100位)
  • みんなの就職活動日記
 楽天が運営する口コミ就職情報サイト「みんなの就職活動日記」は4月13日、2018年卒業予定の学生を対象とした「就職人気企業ランキング」を発表した。1位は「全日本空輸(ANA)」、2位は「日本航空(JAL)」と、トップ2を航空会社が占めた。 

 調査は2016年10月13日~2017年3月23日、2018年卒業予定のサイト学生会員を対象にインターネットと就職フォーラム会場でアンケートを実施。6,114人から回答者を得た。学生は、約600社の対象企業から志望する上位5社を選択。「仕事」「会社」「雇用」「社会的責任」「採用活動」の5項目について魅力度を回答した。

 総合ランキングの1位は「全日本空輸(ANA)」。2018年卒業予定の学生を対象とした前年調査の2位から、ランクアップした。2位は、前年5位の「日本航空(JAL)」。トップ2に航空会社が並んだ。3位は、前年と同じく「伊藤忠商事」。前年1位の「電通」は、新入社員の過労自殺が影響したのか、23位へと大きくランクダウンした。

 このほか、総合ランキングでは「近畿日本ツーリスト」が前年79位から33位、「阪急交通社」が前年163位から65位へと大幅にランクアップ。上位常連である4位の「JTBグループ」、45位の「東海旅客鉄道(JR東海)」など、トラベル・航空・運輸系が多く名を連ねた。

 また、「ロッテ」が前年110位から28位、「カルビー」が前年225位から98位へ順位を上げるなど、上位100社中16社を食品メーカーが占め、躍進した。全体的には、消費者を相手とした「BtoC企業」が多く上位に入る結果となった。

 「みんなの就職活動日記」では、消費者になじみのある「BtoC企業」に人気が集まった要因について、売り手市場であることで、幅広くさまざまな業界や企業を研究して志望企業を選ぶ学生が少なくなっている可能性を指摘。「学生がワークライフバランスなどのイメージを優先して企業を選んでいるようすもみてとれる」と分析している。

 特設ページでは、総合ランキングの上位200社までを発表している。4月20日には、業界別、文理・男女別、魅力度別のランキングも発表予定となっている。

◆新卒就職人気企業ランキング
1位:全日本空輸(ANA)
2位:日本航空(JAL)
3位:伊藤忠商事
4位:JTBグループ
5位:オリエンタルランド
6位:資生堂
7位:味の素
8位:花王
9位:三菱東京UFJ銀行
10位:博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)