動画視聴、10代の半数が「毎日」…9割以上がスマホ使用

デジタル生活 高校生

動画コンテンツの視聴状況
  • 動画コンテンツの視聴状況
  • Marketing Research Camp
 10代の約半数が、動画コンテンツを毎日視聴していることが6月28日、ジャストシステムの調査結果からわかった。10代が動画を視聴する際に使用するデバイスは「スマートフォン」が9割以上を占めた。

 「動画&動画広告 月次定点調査(2017年6月度)」は、ジャストシステムがマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施したもの。調査期間は、6月9日~16日。対象は、15歳~69歳の男女1,100名。

 SNSや動画投稿サイトなどで配信される「無料の動画コンテンツ」(広告を含む)の視聴状況について、10~60代男女で「毎日視聴している」は24.1%。10代に限ると、「毎日視聴」は46.0%と半数近くにのぼった。

 1週間に1度以上、動画コンテンツを視聴している人に対し、普段動画コンテンツを視聴する際に使用するデバイスを複数回答でたずねた結果は、「スマートフォン」がもっとも多い68.0%だった。10代は「スマートフォン」93.9%、「パソコン」39.4%、60代は「パソコン」82.4%、「スマートフォン」43.2%と、年代による差も大きかった。

 1週間に1度以上、動画コンテンツを視聴している人に1日平均視聴時間をたずねたところ、「60~90分未満」7.4%、「90~120分未満」6.7%、「120分以上」12.0%。合計すると26.1%の人が1日平均で60分以上、動画コンテンツを視聴していた。また、動画コンテンツ視聴経験がある人のうち、リアルタイムに動画を配信する「ライブ動画」を視聴したことがある人は44.0%だった。

 動画広告の視聴状況については、6月に「動画広告を見かけて、自らの意思で一定時間視聴した」という人は35.4%、「動画広告を見かけたが、視聴はしていない」という人は43.1%。動画広告を視聴または見かけた10~20代に限定すると、視聴後の反応がよかったのは「SNSやキュレーションアプリのタイムライン上に表示される動画広告」だった。

 調査レポート全文は「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページから無料でダウンロードできる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)