2017年のみずがめ座δ南流星群、NZテカポから生中継7/30

教育・受験 その他

流星見えるかなマップ
  • 流星見えるかなマップ
  • 「流星キャッチャー」通知画面サンプル
  • 7月30日午後10時頃の南東の空(東京)
  • ニュージーランド・テカポ
 ウェザーニューズは7月30日に出現のピークを迎える「みずがめ座δ(デルタ)南流星群」をニュージーランド・テカポと国内2か所の計3か所から生中継する。また、中継でとらえた流星の動画が3分以内にスマホにプッシュ通知で届く「流星キャッチャー」を提供する。

 みずがめ座δ南流星群は、7月中旬から8月中旬頃に活動する流星群。単体では1時間に数個程度と多くない。しかし、この時期はやぎ座α流星群がピークを迎えつつあり、三大流星群の1つであるペルセウス座流星群も活動し始めるため、複数の流星群により流星を観測しやすいシーズンといえる。

 流星観測に適した時間は、放射点が高くなり、月が沈む7月30日午後11時頃から31日明け方。この時間帯の天気は、前線や低気圧の影響を受けて、全国的に曇りの予報。ゆっくり天気が回復する日本海側では、深夜に観測のチャンスがありそう。関東は湿った風の影響で雲が広がり、東海~西日本も湿った空気が流れ込みやすく、晴れても雲が多くなりそうだという。

 ウェザーニューズは、みずがめ座δ南流星群のようすをお天気番組「SOLiVE24」にて7月30日午後10時~31日午前1時に生中継する。中継地点は、ニュージーランドのテカポと国内2か所の合計3か所を予定。テカポは「世界一の星空」と称されている。なお、当日の天気により、中継地点は変わる可能性がある。

 生中継は、ウェザーニュースのWebサイトのほか、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!、Facebookライブ動画など各種動画サイトから視聴できる。また、視聴者に流れ星への願い事をハッシュタグ「#星空ノネガイ」をつけてTwitterで投稿する参加型企画「流星ノポスト」を実施。中継中に流れ星をとらえたら、視聴者から預かった願い事を、満点の星空の中継画面に映し出す。

 流星キャッチャーは、中継でとらえた流星の動画が3分以内にスマホにプッシュ通知で届くサービス。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」から無料で登録できる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)