【センター試験2018】出願まであと3週間…Kei-Netが「ガイド」でサポート

教育・受験 高校生

Kei-Netの「2018年度センター試験出願ガイド」
  • Kei-Netの「2018年度センター試験出願ガイド」
  • センター試験受験教科・科目チェックリスト ※閲覧、利用はKei-Netから可能
  • 確認はがきチェックリスト ※閲覧、利用はKei-Netから可能
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は8月31日、2018年度入試情報に「2018年度センター試験出願ガイド」を掲載した。9月26日に迫ったセンター試験出願に向け、書類の書き方や注意点など、出願準備に必要な情報をわかりやすくまとめている。

 2018年度の大学入試センター試験は、2018年1月13日(土)と14日(日)に実施。出願期間は2017年9月26日(火)から10月6日(金)まで。最終日消印有効。検定料の払込期間は、9月1日(金)~10月6日(金)。志願票など出願に必要な書類が入った「受験案内」は、すでに9月1日から配布が始まっている。

 Kei-Netでは、実際に受験する約3か月前の出願となるため、受験教科・科目数などを決めておかなければならないことから、出願をサポートするために「2018年度センター試験出願ガイド」を開設。「自分の志望校や受験大学を真剣に考えるよい機会ととらえて、出願の準備にかかりましょう」と呼びかけている。

 「2018年度センター試験出願ガイド」は、「出願の前に」「出願書類の書き方」「出願時に決めること」「出願後に確認すること」の4項目あり、検定料の払込方法志願票の記入方法など、出願のための具体的なアドバイスを紹介している。払込みの際は、受付局の目付印が必要なため、ATM(現金自動預払機)は絶対利用せず、必ず受付窓口で払い込むなど、重要事項は色付きの文字で目立つように記載している。

 受験教科・科目選択やはがき確認のための「チェックリスト」もPDF形式で提供。「センター試験受験教科・科目チェックリスト」では、志望校が指定する教科・科目を調べて記入することで、出願時に登録しておく教科や科目数が整理できる。「確認はがきチェックリスト」では、出願後に大学入試センターから送られてくるはがきの内容に誤りがないか確認するため、チェックすべき項目をまとめている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)