英語4技能の指導法ワークショップ「Cambridge Day」ケンブリッジ大学出版11/5

教育業界ニュース イベント・セミナー

Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017
  • Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017
  • Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017 ワークショップ内容詳細
  • Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017 スケジュール
  • Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017 申込み先
  • Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017 ポスター(1/2)
  • Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017 ポスター(2/2)
 ケンブリッジ大学出版は11月5日、中学・高校教員向けのワークショップ「Cambridge Day」を開催する。文法、スピーキング、ライティングなど英語4技能能力の各分野のエキスパートが、ワークショップを通じて指導のヒントを伝える。参加は無料、事前申込み制。

 2020年より現行の大学入試センター試験に代わり新試験「大学入学共通テスト」が導入されるにあたり、英語4技能能力を総合的に評価する問題の出題や民間の資格・検定試験を活用することが方針として示されている。小学校から高校まで、教育現場でも4技能をバランス良く指導することが求められている中、「スピーキングはどう評価するか」「各スキルの指導方法はほかにないか」など、教壇に立つ教員の悩みを解決し、指導のヒントとなるような情報を提供する。

 プレゼンターは、各分野のエキスパートや実際に現場で教えていた元公立高校教諭などが務める。

 文法では、「使える英文法」が身に付く世界的ベストセラー「Grammar in Use」を高校現場で実践していた元静岡県立富士高等学校教諭の塚本裕之氏によるワークショップを実施。

 スピーキングの分野では、国際指標である「ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)」完全準拠の「ケンブリッジ英語検定」について、概要と次期学習指導要領を先取りしたスピーキング評価および実践報告を扱う。2名ペアで受ける対面式のケンブリッジ英語検定スピーキングテストの動画を見ながら、評価スケールのポイントなどを紹介する。

 ライティングでは、センテンスから英作文の書き方まで、リーディングでは客観的に情報を読み正当に評価する「クリティカルシンキング」を取り入れたリーディング法などを紹介する。

 このほか、プレゼンテーションスキルに関するワークショップも実施予定。ライティング、リーディング、プレゼンテーションの3つは、外国人講師を迎え、英語でワークショップを展開する。

 対象は中学・高校の英語教員や教育委員会関係者で、定員は200名。各ワークショップの所要時間は1時間。当日は1つの時間帯に4つのワークショップを行い、それを3回実施する。参加費は無料。事前に電話またはFAX、メールにて申込みが必要。

◆Cambridge Day - 中学・高等学校英語教員向けセミナー2017
日程:2017年11月5日(日)
時間:12:30~16:40(開場12:30)
 ワークショップ1回目13:00~14:00、2回目14:10~15:10、3回目15:20~16:20
場所:TKP品川カンファレンスセンター4F(東京都港区高輪3-26-3 京急第10ビル)
対象:中学・高等学校英語教員および教育委員会関係者
定員:200名
参加費:無料
申込方法:ケンブリッジ大学出版まで電話またはFAX、メールのいずれかで申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)