着られなくなった服を寄付金に「こども服みらいファンド」設立

 キャリーオンは、着られなくなった子ども服を活用した寄付プログラム「こども服みらいファンド」を開始した。送られてきた子ども服を査定し、買い取った金額すべてが「子供の未来応援基金」に寄付される。

生活・健康 その他
こども服みらいファンド
  • こども服みらいファンド
  • 子供の未来応援国民運動
 キャリーオンは、着られなくなった子ども服を活用した寄付プログラム「こども服みらいファンド」を開始した。送られてきた子ども服を査定し、買い取った金額すべてが「子供の未来応援基金」に寄付される。

 「子供の未来応援基金」は、内閣府や文部科学省、厚生労働省、福祉医療機構が中心となって進めている「子供の未来応援国民運動」の一環。「子どもたちを応援したい」という企業や個人からの提供リソースを基金として集め、地域で子どもたちを支援している団体の活動などに充てている。

 「こども服みらいファンド」は、着られなくなった子ども服を送ってもらい、ブランドや状態によって査定し、買取り金額すべてが「子供の未来応援基金」に寄付されるというもの。集められた子ども服は、次に必要とする母親にリユースされる。

 衣服の発送は10点以上から受け付けており、指定ブランドのものに限られている。佐川急便で発送する場合は着払いでの送付が可能。衣服の受付方法や指定ブランドなど、詳細はWebサイトで確認できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)