カブク、東大発自動運転ベンチャーと協業…AIモビリティ「Milee」を支援

 カブクは12月11日、大学発ベンチャーのティアフォーが開発を進めるAIモビリティ「Milee」のデザイン・製造をサポートしたと発表した。

教育業界ニュース その他
カブクは12月11日、大学発ベンチャーのティアフォーが開発を進めるAIモビリティ「Milee」のデザイン・製造をサポートしたと発表した。

カブクは、全世界に構築した300以上の工場ネットワークにより、産業用3Dプリントや切削、射出成形など多種多様な工法や素材を組み合わせたオンデマンド製造サービスを提供。デザイン・設計・製造を包括的にサポートする新たなものづくりを推進している。

またティアフォーは東京大学情報理工学系研究科准教授で、名古屋大学未来社会創造機構客員准教授も兼任する加藤真平氏が中心となって設立された大学発ベンチャー。自動運転技術をオープンソースソフトウェアとして全世界に公開することで、多数のメーカー、大学等の研究機関に自動運転技術の開発プラットフォームを提供している。

今回、カブクはティアフォーとデザインおよびオンデマンド製造サービスにて協業。その第一弾として、ティアフォーが開発を進めるAIモビリティ「Milee」のデザイン・製造を支援した。カブクのデジタルものづくり技術を活用することで、車両ボディのデザイン・設計から試作・製造の工数を従来と比べて大幅に削減し、これまでにない超短期間での車両開発を実現。多様な顧客ニーズやカスタマイズニーズに、迅速に応える車両ボディの開発と生産が可能となった。

なお、自動運転EV「Milee」は、12月12日・13日にヒルトン東京お台場で開催される「NVIDIA GTC Japan 2017」にて展示される予定だ。

カブク、大学発自動運転ベンチャーと協業…自動運転モビリティの開発を支援

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)