【センター試験2018】1日目(1/13)全科目の難易度<5予備校まとめ>英語に難化目立つ

 東進、ベネッセ・駿台、代々木ゼミナール、河合塾、城南予備校が発表した、科目別難易度から、地理歴史、公民、国語、外国語について、順に見ていこう。

教育・受験 高校生
2018年度大学入試センター試験 地理歴史の難易度(1月13日22時時点)
  • 2018年度大学入試センター試験 地理歴史の難易度(1月13日22時時点)
  • 2018年度大学入試センター試験 公民の難易度(1月13日22時時点)
  • 2018年度大学入試センター試験 国語・外国語の難易度(1月13日22時時点)
 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の1日目が終了した。初日の1月13日には、地理歴史、公民、国語、外国語の試験が実施された。

 すでに解答速報が公開されたが、受験生は平均点が気になっているところではないだろうか。東進、ベネッセ・駿台、代々木ゼミナール、河合塾、城南予備校が発表した、科目別難易度から、地理歴史(世界史A/世界史B/日本史A/日本史B/地理A/地理B)、公民(現代社会/倫理/政治・経済/倫理、政治・経済)、国語、外国語(英語:筆記/英語:リスニング)について、順に見ていこう。

 難易度はいずれも昨年との比較で示されており、表では難化は赤、易化は青に色分けした。詳細については、各予備校のWebサイトを参照していただきたい。なお、分析未対応の科目は「ー」、記事作成時に難易度が掲載されていない科目は空欄とした。今後、予備校のWebサイトで追加・修正される可能性もあるが、リセマムでは記事公開時点の情報にもとづいて掲載する。

 地理歴史では、「世界史B」は河合塾が「やや易化」としたが、その他の予備校は「昨年並み」。「日本史B」は東進と代々木ゼミナールが「やや易化」、ベネッセ・駿台と河合塾が「昨年並み」、城南予備校が「やや難化」と評価が分かれた。「地理B」は3校が「やや易化」、2校が「昨年並み」とした。

2018年度大学入試センター試験 地理歴史の難易度(1月13日22時時点)

 公民では、「現代社会」は東進が「難化」、代々木ゼミナールが「やや難化」とし、その他は「昨年並み」。「倫理」はすべての予備校が「易化」もしくは「やや易化」とした。「政治・経済」は代々木ゼミナールが「やや難化」とした以外は「昨年並み」。「倫理、政治・経済」は未掲載の城南予備校を除きすべてが「やや易化」とした。

2018年度大学入試センター試験 公民の難易度(1月13日22時時点)

 「国語」は河合塾は「昨年並み」だがほかはすべて「やや易化」とした。「英語(筆記)」は東進と城南予備校が「昨年並み」、ベネッセ・駿台は「やや難化」、代々木ゼミナールは「難化」とした。「英語(リスニング)」は午後10時時点で公開しているのは2校のみで、東進が「やや難化」、代々木ゼミナールが「昨年並み」としている。

2018年度大学入試センター試験 国語・外国語の難易度(1月13日22時時点)

 問題と解答については、大手新聞各社や大学入試センターのWebサイトで閲覧することができる。また予備校等はWebサイトにて、問題分析や解説を行っている。

 大学入試センターは、平均点、最高点、最低点、標準偏差について、2018年1月17日(水)に中間発表、2月1日(木)に最終発表する予定だ。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)