【センター試験2018】1/20-21に追・再試験、480人が追試対象

教育・受験 高校生

大学入試センター
  • 大学入試センター
  • 平成30年度大学入試センター試験 追試験の実施について
  • 平成30年度大学入試センター試験 再試験受験対象者について
 大学入試センターは2018年1月17日、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の追・再試験の実施について発表した。追試験は東京芸術大学、千葉工業大学、大阪教育大学の3会場、再試験は大阪学院大学、愛媛大学など6会場において、1月20日と21日に行われる。

 追試験は、東日本では東京芸術大学と千葉工業大学、西日本では大阪教育大学で実施する。受験許可者数は、東京芸術大学286人、千葉工業大学1人、大阪教育大学193人の計480人。受験事由は、疾病・負傷が466人、事故などが14人。

 再試験は、横浜国立大学、新潟経営大学、立命館大学(びわこ・くさつキャンパス、大阪いばらきキャンパス)、大阪学院大学、愛媛大学の5大学6試験場において141人が対象となり、このうち39人が受験を希望している。

 再試験の理由は、雪や車両トラブルによる交通機関の遅延、正規の試験時間を確保しなかったことなど。大阪学院大学の外国語のリスニングでは、試験監督者の対応誤りにより、43人が再試験対象となり、このうち27人が受験を希望している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)