順天堂大学、日本ゴールボール協会、日本ボッチャ協会が協定締結

 順天堂大学は、日本ゴールボール協会、日本ボッチャ協会とそれぞれ連携協力協定を締結した。

教育・受験 大学生
順天堂大学、日本ゴールボール協会、日本ボッチャ協会が協定締結
  • 順天堂大学、日本ゴールボール協会、日本ボッチャ協会が協定締結
  • 順天堂大学、日本ゴールボール協会、日本ボッチャ協会が協定締結
順天堂大学は、日本ゴールボール協会、日本ボッチャ協会とそれぞれ連携協力協定を締結した。

協定は、パラスポーツ競技のゴールボールとボッチャの強化・普及活動を通して、指導者としての資質を養う学生教育を行い、相互に人的・技術的協力を行うことが目的となる。

協定の締結にあたり、順天堂大学の新井一学長は「健康総合大学・大学院大学である本学の特長を生かし、障がい者スポーツ競技の推進に取り組むことで、地域社会におけるスポーツを通じた価値創造の中核としての役割を果たすとともに、スポーツ庁に採択された大学スポーツ振興の推進事業にも積極的に取り組んでいく」とコメント。

同大学は今後、学生の競技会・体験会・体験授業等への派遣、日本代表選手・強化指定選手の強化指導、特別支援学校等で活用される競技指導書の作成等の取り組みで連携を図っていく。また、昨年9月に採択され大学のスポーツ活動を支援するスポーツ庁の事業「大学スポーツ振興の推進事業」を円滑に展開する。
《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)