お絵かきロボットも作れる「MESHひらめきラボセット」

 ソニーは、プログラミングでアイデアを形にできる「MESH(メッシュ)」にモーターやケーブルなどの電子工作部品を加えた「MESHひらめきラボセット」がスイッチサイエンスより発売されたと発表した。価格は3万9,960円(税込)。

教育ICT その他
MESHひらめきラボセット(iPadは付属しない)
  • MESHひらめきラボセット(iPadは付属しない)
  • ダウンロード提供されるガイドブックとデザインパターンカード
  • センサーとモーターをプログラミングで連動させ、自分が動くとロボットも動き出して絵を描く「ドローイングロボット」を作ることができる
  • 「MESHレシピ」では200以上の作品レシピを公開
 ソニーは、プログラミングでアイデアを形にできる「MESH(メッシュ)」にモーターやケーブルなどの電子工作部品を加えた「MESHひらめきラボセット」がスイッチサイエンスより発売されたと発表した。価格は3万9,960円(税込)。

 MESHは、無線でつながるセンサーなどのブロックを、専用アプリ内でつないでいくだけで、センサーやインターネットを活用した仕組みを作ることができるプラットフォーム。電子工作やプログラミングの知識がなくても、インタラクティブに動く工作や、日常の課題を解決する仕組みなどを作ることができる。

 「MESHひらめきラボセット」はMESHのほか、MESHとつなぐことができるモーターやケーブルなどと、ガイドコンテンツがセットになっている。セットを使うと、センサーとモーターをプログラミングで連動させ、自分が動くとロボットも動き出して絵を描く「ドローイングロボット」も作ることができる。

 MESHを使った作品を紹介する「MESHアプリ」がWebサイトで公開されているので、工作から日常的に使えるものまで200作品以上のレシピを見て、さらにステップアップできる。

 価格は3万9,960円(税込)。スイッチサイエンスのWebサイトから購入できる。対応OSは、Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)を搭載したiOS8.0以降もしくはAndoroid5.0以降。MESHアプリは、それぞれのアプリ配信サイトからダウンロードできる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)