【高校受験2018】大雪影響、福井・私立高校5校で入試を再延長

教育・受験 中学生

北陸 一般入試(2日目)は14日(水)に行います
  • 北陸 一般入試(2日目)は14日(水)に行います
  • 仁愛女子 「一般入試(2日目)」2月14日(水)に再延期
  • 福井工業大学附属福井 平成30年度入学試験 再順延いたします
  • 啓新 イベント情報&お知らせ
  • 福井南 大雪に伴う措置について(2/8)20:15更新
 北陸地方の記録的な大雪の影響により、福井県内の私立高校5校は2018年2月6日に予定していた一般入試を2月14日に再延期した。私立高校入試の日程がずれ込んだため、県立高校は願書受付期間を2月19日午後4時まで延長する。

 福井県内の北陸、仁愛女子、福井工業大学附属福井、啓新、福井南の5校の私立高校は、記録的な大雪の影響により、当初2月6日に予定していた一般入試を2月9日に延期。その後、断続的に続く降雪の影響から2月14日に再延期した。仁愛女子の武生会場は「クラウンヒルズ武生」から「仁愛大学」に、敦賀会場は「プラザ万象」から「ニューサンピア敦賀(気比の間)」に変更する。福井工業大学附属福井の丹南試験会場はサンドーム福井を追加する。

 福井県教育委員会は、私立高校入試の日程がずれ込んだことを受けて、2月14日午前9時から2月16日正午までとしていた県立高校一般入学者選抜の出願期間を、2月16日午後4時まで延長する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)