ディズニーのプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」4/21発売

教育業界ニュース プログラミング

ライフイズテック、ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を発表 (c) Disney
  • ライフイズテック、ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を発表 (c) Disney
  • キャラクターが会話形式で学習するべきことをナビゲート
  • 適切な学習情報量や柔軟なレイアウトで初心者でもストレスなく学習可能
  • レクチャー部分はわかりやすく図解
  • クイズ形式で理解度を確認
  • 個性豊かなオリジナルキャラクター
  • (c) Disney
  • 教材内に使用されるディズニー作品および学習内容一覧
 ディズニーのオンライン型プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」が2018年4月21日に発売される。ライフイズテックのプログラミング学習ノウハウにもとづき、計100時間で「メディアアート」「ゲーム制作」「Webデザイン」の3つのコースを総合的に学習できる。一括払いは12万8,000円(税別)。

 ディズニーの「テクノロジア魔法学校」は、「プログラミングは現代の魔法である」をテーマに、ディズニーの世界と、中高生向けのプログラミング教育サービスを提供するLife is Tech!(ライフイズテック)の教育ノウハウを組み合わせて制作したオンライン型プログラミング学習教材。「アナと雪の女王」「ベイマックス」「白雪姫」「アラジン」など13のディズニー作品をテーマにしたレッスンと、魔法学校を舞台としたオリジナルストーリーでプログラミングを学ぶ。対象年齢は12歳以上、12歳未満は保護者のサポートを推奨する。

 オンライン学習は、基礎編40時間と応用編60時間の計100時間分の学習コンテンツが用意されている。カリキュラムは、「JavaScript」「HTML/CSS」「Processing」「Shader」といったプログラミング言語を軸に、「メディアアート」「ゲーム制作」「Webデザイン」の3つのコースを総合的に学習。横断的に学習することで、総合的なIT技術力を身に付ける。

 オンライン学習教材のほか、物語と連携して学習を進める「魔法の本」には、ディズニーの世界を楽しめるアートワークが多数盛り込まれている。また、メインレッスンをクリアするごとに、ディズニーキャラクターがデザインされているテクノロジア魔法学校限定のオリジナルポストカードが全40枚以上自宅に届く。

 料金は、一括払いは12万8,000円(税別)、13回の分割払いは月々1万600円(税別・分割手数料なし・金利0%)。3月6日より、ライフイズテックのWebサイトで予約販売を開始する。先行予約販売の特典として、「初回限定ナンバリングを施した魔法の本」と「白雪姫80周年記念ポストカード」を同封した初回限定モデルも販売する。初回限定モデルは、なくなり次第終了となる。

◆ディズニー・プログラミング学習教材 「テクノロジア魔法学校」公式PV



◆ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」
内容:オンラインプログラミング学習教材、スタートキット(魔法の本)、オリジナルハガキ(進捗に合わせて届く)
対象:12歳以上(12歳未満は保護者のサポートを推奨する)
学習言語:JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shader
学習コース:「メディアアート」「ゲーム制作」「Webデザイン」
学習時間:約100時間(基礎編約40時間、応用編約60時間)学習者によって学習速度は異なる
発売予定日:2018年4月21日(土)
支払方法:クレジットカード決済
推奨環境:
対応OS
・Windows 7/8.1/10以上
・OS X El Capitan(10.11)/macOS Sierra(10.12)/macOS High Sierra(10.13)以上
対応ブラウザ
・Windows
-Chrome最新版
-Firefox最新版
・MacOS
-Chrome最新版
-Firefox最新版
-Safari最新版
画面解像度 1366×768ピクセル以上
通信速度 3Mbps以上
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)