VSN「ロジカルシンキング」を学ぶ授業を無料提供

 エンジニア人材サービスのVSNは、小学校を対象に「ロジカルシンキング(論理的思考)」が体系的に学べる授業の無料提供を開始すると発表した。対象学年は小学4年生から6年生で、サービス対象は関東圏の公立・私立小学校。

教育業界ニュース 教材・サービス
VSN
  • VSN
  • VSN 小・中学生向けプログラミング授業サービス
  • VSN 小・中学生向けプログラミング授業サービスの概要
 エンジニア人材サービスのVSNは、小学校を対象に「ロジカルシンキング(論理的思考)」が体系的に学べる授業の無料提供を開始すると発表した。対象学年は小学4年生から6年生で、サービス対象は関東圏の公立・私立小学校。

 2020年に小学校でプログラミング授業が必修化されることを受け、近年プログラミング教育の場が官民問わず広がっている。小学校教育におけるプログラミング授業では「ロジカルシンキングを身に付ける」ことが目標とされており、「ロジカルシンキング」の考え方を正しく身に付けることで情報を整理する能力が高まり、整理された情報は周囲にも理解されやすくなるためコミュニケーション力を高めることにもつながると考えられている。

 VSNでは、独自のサービス「バリューチェーン・イノベーター」で用いるコンサルティングスキルを取り入れたオリジナルの「ロジカルシンキング」授業を開発。授業は、情報を整理する「ロジックツリー」の考え方、発想を豊かにする「ゼロから産み出すストーリー」の作り方、の2つで構成されており、子どもたちが自ら「問い」を生み出し、広げていくことを体系的に学べる内容となっている。

 また、VSNでは2016年より首都圏の小中学校を対象にプログラミング授業の無料提供や講師の無料派遣サービスを実施している。約50校と多くの小学校で活用されているプログラミング授業と、今回の「ロジカルシンキング」の授業を合わせて実施することも可能だという。いずれも授業は無料で提供する。導入に向けての具体的な内容については、VSNへ個別に問合せて確認すること。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)