Microsoft Innovation Day 2018、学生・教育者・スタートアップら対象4/16

 日本マイクロソフトは、マイクロソフトが主催する2大イノベーションコンテスト「Imagine Cup 2018」の日本予選大会最終選考会と「Innovation Award 2018」の最終選考会を同時に行う、「Microsoft Innovation Day 2018」を2018年4月16日に開催する。

教育業界ニュース イベント・セミナー
Microsoft Innovation Day 2018
  • Microsoft Innovation Day 2018
  • マイクロソフトの2大イノベーションコンテストを同時開催
  • Imagine Cup 2018
  • Innovation Award 2018
 日本マイクロソフトは、マイクロソフトが主催する2大イノベーションコンテスト「Imagine Cup 2018」の日本予選大会最終選考会と「Innovation Award 2018」の最終選考会を同時に行う、「Microsoft Innovation Day 2018」を2018年4月16日に開催する。参加無料、事前の参加登録が必要。

 「Microsoft Innovation Day 2018」は、「最新のテクノロジーとイノベーションに触れる一日。」がテーマの、学生、教育者、スタートアップ、エンジニア、投資家、アクセラレーター、ビジネスリーダーなどを対象としたイノベーション創造イベント。マイクロソフトの2大イノベーションコンテストのほか、最新ソリューションを紹介するミニセッションやファイナリストを中心とした作品の展示などを行う。

 「Imagine Cup 2018」は、マイクロソフトが主催する世界最大の学生向けITコンテスト。2003年のスタート以降、これまで190を超える国から延べ200万人以上の学生が参加しており、2018年で16回目を数える。日本予選大会は、2月18日まで応募を受け付け、1次選考、2次選考を実施。選考通過チームに対して、より作品のレベルを高めるために、日本マイクロソフトと深層学習技術のビジネス活用に強みを持つPreferred Networksが連携し、メンタリングを提供した。

 最終選考会には、東京大学や筑波大学、立命館大学、鳥羽商船高等専門学校などに所属する10チームが登壇。プレゼンテーションによる公開選考を実施し、日本代表に選ばれたチームには世界大会への参加資格が与えられる。さらに今回の世界大会では、数ある技術分野のうち特定の技術分野(Big Data、AI、Mixed Reality)にカテゴリ賞が設けられ、その中で優れていた作品には賞金が授与される。

 同日に開催する「Microsoft Innovation Award 2018」は、2018年で11回目を迎える、革新的なアイディアを形にしたソフトウェア、ハードウェア、アプリなどのソリューションを表彰するアワード。これまで数々の革新的なスタートアップ企業やソリューションを世の中に輩出しているという。今回の最終選考会には12社が登壇。小型産業用ドローンを活用した非GPS環境下における屋内空間のデータ化とAI解析システム、など、最新のソリューションについて発表が行われる。

 参加は無料だが、事前登録が必要。イベントWebサイトにて事前登録を受け付けている。

◆Microsoft Innovation Day 2018
日時:2018年4月16日(月)12:45~20:30(12:30受付開始)
※19:00~20:30は懇親会やInnovation Awardの展示を実施
場所:大崎ブライトコアホール(東京都品川区北品川5丁目5-15)
対象:学生、教育者、スタートアップ、エンジニア、投資家、アクセラレーター、ビジネスリーダーなど
参加費:無料
申込方法:イベントWebサイトから事前登録を行う
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)