愛知県から留学する高校生に奨学金100万円を支援

 AFS日本協会は、東海東京財団が愛知県から留学する高校生の奨学金として100万円を支援する留学プログラムの応募を受け付ている。愛知県内の高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程に在学中の生徒5名を対象に実施する。

教育イベント 高校生
東海東京財団留学奨学金
  • 東海東京財団留学奨学金
  • AFS日本協会
 AFS日本協会は、東海東京財団が愛知県から留学する高校生の奨学金として、100万円を支援する留学プログラムの応募を受け付ている。愛知県内の高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程に在学中の生徒5名を対象に実施する。

 東海東京財団留学奨学金は、愛知県の高校生に異文化理解の機会を提供するために新設されたプログラム。東海東京財団では、地域の将来を担う人材やグローバルに活躍できる人材の育成などを目的に、地域社会の発展に貢献したいと願い活動しているという。

 奨学金プログラムは、愛知県内に在住か、県内の高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程(留学選考応募時中学3年生を含む)に在学するAFS第66期内定生で、保護者の給与などの年間収入の合計額が、800万円以下の場合に応募できる。AFS第66期内定生とは、2019年出発のAFS年間派遣プログラム第66期の選考試験を受験・通過し、受け入れ国が内定した生徒。AFS日本協会では、日本全国75の支部で留学生の受け入れ、派遣、各種交流活動などを行っている。

 AFS年間派遣プログラム第66期の選考試験は、A日程の2018年6月10日とB日程の2018年7月15日に実施される。会場は、東京、名古屋、大阪のほか、全国約20会場。英語での筆記・一般教養と、日本語での面接で選考される。また、留学先として応募できる国は、アジア、北米、中南米、欧州、オセアニアなど、39か国・地域。

 東海東京財団留学奨学金は、選考を通過した5名にそれぞれ100万円ずつ支給される。参加費や経費が100万円を超える場合は自己負担となる。
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)