位置情報をアプリで確認、中部電力の子ども見守りサービス

デジタル生活 保護者

どこニャン GPS BoT
  • どこニャン GPS BoT
  • 「どこニャン GPS BoT」の仕組み
  • IoT端末の仕様
 中部電力とビーサイズ、NTTコミュニケーションズは、AI・IoTを活用した子ども見守りサービス「どこニャン GPS BoT」の提供を2018年5月14日より開始した。8月31日までに申し込むと特別キャンペーン価格で購入できる。

 「どこニャン GPS BoT」は、いつでもどこでも子どもの居場所を確認できる見守りサービス。アプリケーションを通じて、子どもの登下校や外出時における現在位置情報や1日の行動履歴を確認できる。さらに、学校や塾など子どもがよく行く場所をAIが自動的に学習し、登下校や帰宅のタイミングをPUSH通知で知らせてくれる機能も搭載されている。

「どこニャン GPS BoT」の仕組み
画像:「どこニャン GPS BoT」の仕組み

 契約期間の縛りや解約時の違約金、位置情報検索による課金もなく、安価な料金で利用できる。また、専用のIoT端末は、雨や埃、衝撃にも強いので、活発な子どもに持たせても安心だという。

 端末価格は4,800円、サービス利用料は月額480円(いずれも税別)。別途、端末送料350円(税込)が必要。8月31日までに申し込むと、専用端末を特別キャンペーン価格3,980円(税別)で購入できる。申込みは、中部電力の家庭向けWebサイトより受け付けている。個人のほか、自治体・学校・塾などでまとめて購入することも可能。

 中部電力ではこれまで、学校連絡網や防災・防犯情報などを知らせる「きずなネット」で暮らし安心情報サービスを提供してきた。「きずなネット」と「どこニャン GPS BoT」の提供により、地域の暮らしの安心に一層貢献できるとしている。

◆どこニャン GPS BoT
端末価格:4,800円(税別)
※別途端末送料350円(税込)が必要
サービス利用料:月額480円(税別)
契約事務手数料:なし
契約期間・解約違約金:なし
申込方法:中部電力家庭向けWebサイトより受け付けている
※個人のほか、自治体・学校・塾などでまとめて購入することも可能
サービス利用可能エリア:全国(FOMAエリア、FOMAプラスエリア)

【特別キャンペーン】
内容:2018年8月31日(金)までに申し込むと特別キャンペーン価格3,980円(税別)で購入できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)