子どもの選択で話が変化、ロボホンが絵本を読み聞かせ…NTTデータ等3社

 NTTデータとNTTデータSBC、NTTデータ・スマートソーシングは2018年5月28日、シャープが提供するモバイル型ロボット電話「ロボホン」向け対話型絵本読み聞かせアプリケーションを共同開発したことを発表した。

教育業界ニュース 教育ICT
ロボホンと子どもの会話のイメージ
  • ロボホンと子どもの会話のイメージ
 NTTデータとNTTデータSBC、NTTデータ・スマートソーシングは2018年5月28日、シャープが提供するモバイル型ロボット電話「ロボホン」向け対話型絵本読み聞かせアプリケーションを共同開発したことを発表した。保育所、幼稚園など、未就学児向けの利用を想定し、5月28日に宮城県石巻市で開所する企業内託児所で試行的に導入する。

 3社は、保育所や自宅などで子どもがロボットと触合う機会の提供や、大人がほかの作業をしていてもロボホンが子どもに絵本を読み聞かせできるよう、「ロボホン」向け対話型絵本読み聞かせアプリケーションを作成した。

 ロボホン内蔵プロジェクターで絵本をBGMとともに投影し、絵本のストーリーをロボホンが発話するしくみ。絵本の途中には、読者である児童がストーリーを選択して進む場面があるという。2、3通りの選択肢から児童が発話した選択肢をロボホンが認識し、選択内容によって絵本のストーリーが変わるという、対話式の絵本だ。

 2018年5月28日に宮城県石巻市に開所するNTTデータ・スマートソーシングの企業内託児所「すまーとキッズガーデン」で試行的にアプリケーションを導入し、ロボホンでの対話型絵本読み聞かせの有効性検証を進め、全国の保育所などへの展開を目指すとしている。

 ロボホン(RoBoHoN)は、小型で携帯できるモバイル型ロボット。持ち歩き可能なコンパクトサイズながら、二足歩行でき、カメラ機能や小型レーザープロジェクター、歌やダンス、専用アプリなどの機能を搭載している。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)