愛知県、小中学生作文コンクール…テーマは多文化共生

 愛知県は外国人と日本人との相互理解の促進を図るため、平成30年度「あいち多文化共生作文コンクール」の作品を募集する。応募資格は愛知県内に在住または在学する小中学生。

教育・受験 小学生
 愛知県は外国人と日本人との相互理解の促進を図るため、平成30年度「あいち多文化共生作文コンクール」の作品を募集する。応募資格は愛知県内に在住または在学する小中学生。「みんなでつくる多文化共生社会」をテーマに、作文を持参か郵送のうえ提出すること。

 400字詰め原稿用紙に、日本語で作文すること。作文枚数は、小学生は2~3枚、中学生は3~5枚。作文の題名は自由につけて構わない。

 応募期間は平成30年7月2日から9月14日まで。愛知県多文化共生推進室まで持参する場合は9月14日午後5時まで、郵送する場合は9月14日までの消印有効。小学生の部1点、中学生の部1点を優秀賞として表彰し、佳作を5点選出する。副賞は、優秀賞が図書カード5,000円分、佳作が図書カード2,000円分。

 入賞者へは、11月上旬までに所属学校などを通じて通知する。入賞者は、11月に名古屋市内で開催予定の「多文化共生フォーラムあいち2018」で表彰する予定。詳細は愛知県Webサイトで確認できる。

◆平成30年度「あいち多文化共生作文コンクール」
作文のテーマ:「みんなでつくる多文化共生社会」題名は自由
募集作品:400字詰め原稿用紙に小学生は2~3枚、中学生は3~5枚
作文言語:日本語
応募方法:作品の本文の前に、題名・学校名・学年・氏名(ふりがな)を、裏面に住所・電話番号を記入のうえ、愛知県多文化共生推進室まで持参または郵送すること
応募期間:平成30年7月2日(月)~9月14日(金)
※持参の場合は9月14日(金)17:00まで、郵送の場合は当日消印有効
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)