【夏休み2018】教員や父兄対象、高大教育フォーラム…学研8/3・4

教育イベント 先生

学研・高大教育フォーラム2018
  • 学研・高大教育フォーラム2018
  • 学研・高大教育フォーラム2018
  • 学研・高大教育フォーラム2018
  • 学研模試
  • 学研アソシエ
  • 学研プラス
 学研アソシエは2018年8月3日と4日、高校・大学の教員および教育に関心のある父兄を対象に「学研・高大教育フォーラム2018」を開催する。参加費は、懇親会費を除き昼食代込みで3,000円。申込みは、学研模試のWebサイトにて受け付けている。

 「学研・高大教育フォーラム2018」は、学研アソシエ主催、学研プラス協賛による高校・大学の教員および教育に関心のある父兄を対象としたイベント。過去6年にわたり開催された「高校教育フォーラム」を引き継ぐもので、「学びとキャリア教育」をベースに、高校と大学の接続をより明確にする意味で2018年度より名称を変更した。

 イベントは、8月3日・4日の2日間にわたって開催。「大学の部」「高校の部」「ランチタイム・ミーティング」などで構成される。大学の部では、早稲田大学国際学術院教授の佐渡島紗織氏、鳥取大学入学センター准教授の山田貴光氏、金沢大学国際基幹教育院准教授の杉森公一氏が登壇し、順に「ライティング指導」「AO・推薦入試」「アクティブラーニング」をテーマに講演を行う。また、登壇者3名が来場者からの質問(質問票)に対して回答するパネルディスカッションも実施する。

 高校の部では、佐賀県立佐賀西高校教諭の山口司氏、山形県立東桜学館中学校・高校教諭の延沢恵理子氏、渋谷教育学園渋谷中学高校教諭の河口竜行氏、岩手県立大船渡高校教諭の梨子田喬氏が登壇し、実践レポートの発表や高校現場からの報告を行う。

 ランチタイム・ミーティングでは、日本学生社会人ネットワーク(JSBN)代表理事の真坂淳氏による特別講演や「高大接続をどう展開するか」をテーマとしたパネルディスカッション、2日間の振り返りなどを実施する。

 そのほか、ソニー人事センター ダイバーシティ&エンゲージメント推進部統括課長の森慎吾氏による特別講演や、第1日の最後には懇親会(参加は希望者のみ)も実施する。タイムスケジュールなどの詳細は、学研模試のWebサイトにて確認できる。

 参加費は3,000円(昼食代込)。懇親会に参加する場合は、別途4,000円の懇親会費が必要。申込みは、学研模試のWebサイトにて受け付けている。定員に達し次第、受付終了となる。

◆学研・高大教育フォーラム2018
開催日:2018年8月3日(金)・4日(土)
会場:学研本社ビル3Fホール(東京都品川区西五反田2-11-8)
対象:高校・大学の教員および教育に関心のある父兄
参加費:3,000円(昼食代込)
※懇親会費(4,000円)は別途必要
申込方法:学研模試のWebサイトから申し込む
※定員に達し次第、受付終了
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)