【夏休み2018】音楽・落語・盆踊り…赤塚不二夫を偲ぶフェス8/1・2

 TVアニメ『深夜!天才バカボン』の放送開始を控えるなか、その原作者である赤塚不二夫の没後10年を偲ぶイベントとして、音楽と落語、盆踊りが融合した「フジオロックフェスティバル2018」の開催が決定した。

趣味・娯楽 その他
「フジオロックフェスティバル2018」
  • 「フジオロックフェスティバル2018」
  • 「フジオロックフェスティバル2018」バカ盆踊りクラウドファンディング
  • 「フジオロックフェスティバル2018」バカ盆踊りクラウドファンディング
TVアニメ『深夜!天才バカボン』の放送開始を控えるなか、その原作者である赤塚不二夫の没後10年を偲ぶイベントとして、音楽と落語、盆踊りが融合した「フジオロックフェスティバル2018」の開催が決定した。命日とその前日にあたる8月1日(水)、2日(木)に、東京の恵比寿ガーデンプレイスにて行われる。



2018年は、『天才バカボン』『おそ松くん』『もーれつア太郎』など、数々の名作ギャグマンガを生み出した赤塚不二夫がこの世を去ってから10年の節目となる。
「フジロック」ならぬ「フジオロックフェスティバル」は、「ウケるためなら死んでもいい」との名言を残し一生をかけてギャグをやりきった故・赤塚不二夫の遺志を受け継ぐべく、その命日にみんなで“バカ騒ぎ”するというイベントだ。

8月1日(水)、2日(木)の両日に開催される「ボツ10年ライブ」には、電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋に加え、2017年に開催された「赤塚不二夫生誕80年記念・バカ田大学祭ライブ」にも出演したTHE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)、矢野顕子が参加。

また8月1日(水)の昼夜で開かれる「落語:フジオ10年分のおバカ寄席」には、昼の柳家喬太郎、夜の春風亭昇太などそうそうたる落語家が出演する。



そして両日、“バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り”として「バカ盆踊り」も開催。様々な提灯を張り巡らせた会場内には特設のやぐらも組まれ、本イベントのために作られた大友良英の「フジオ音頭」が初公開される予定となっている。
なおクラウドファンディングサイト「Readyfor」では、当日に吊られるオリジナル提灯を作成する支援プロジェクトも実施中だ。

「フジオロックフェスティバル2018」内のLIVE、落語各公演のチケットは、6月16日(土)の一般発売に先駆け5月22日(火)より先行販売がスタート。詳細はイベント公式サイトを確認してほしい。

「フジオロックフェスティバル2018」
日時:2018年8月1日(水)、2日(木)
会場:恵比寿ガーデンプレイス
チケット価格:
フジオ10年分のおバカ寄席(自由席/税込):昼席なのだ 4,800円 / 夜席なのだ 4,800円
ボツ10年ライブ(スタンディング/税込):8月1日(水)7,800円 / 8月2日(木) 7,800円
※全チケット来場特典グッズ付き(オリジナル扇子)。特典グッズの引き換えはイベント当日に会場にて行います。
チケット発売日:
プレイガイド先着販売:5月22日(火) 12:00~5月31日(木) 23:59
一般販売(先着):6月16日(土) 12:00~

「バカ盆踊り」クラウドファンディングプロジェクト
募集期間:2018年5月17日(木)~2018年6月21日(木) 23時(35日間)

赤塚不二夫の命日に「フジオロックフェスティバル」開催! 音楽&落語&盆踊りの融合

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)