【中学受験】塾選び、授業料・クチコミ以上に重視するのは?

 中学受験を目指す子どもを持つ保護者が塾選びで重要視することとして、約70%の人が「家からの通いやすさ」、約60%の人が「合格実績」と回答したことが、中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」によるアンケート結果で明らかになった。

教育・受験 小学生
塾選びに関して重要視する(した)ことは?(複数可)
  • 塾選びに関して重要視する(した)ことは?(複数可)
  • クラスで中学受験をする子はだいたいどのくらい?
  • よく読む雑誌は?(複数可)
 中学受験を目指す子どもを持つ保護者が塾選びで重要視することとして、約70%の人が「家からの通いやすさ」、約60%の人が「合格実績」と回答したことが、中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」によるアンケート結果で明らかになった。

 中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」を運営するアクセラレーテッドラーニングジャパンは、保護者の意識をテーマに実施したアンケート調査結果を発表した。調査対象はメルマガ会員である中学受験を目指す子どもを持つ保護者197名。調査期間は2018年6月13日~20日。

 「クラスで中学受験をする子はどのくらいいるか」という質問では、「クラスの1割以下」27%、「クラスの1~2割」22%、「クラスの4割以上」21%、「クラスの2~3割」16%、「クラスの3~4割」14%と、回答に大きな差はなかった。中学受験率は居住地により異なるため、回答が分かれたと考えられる。

 「塾選びに関して重要視する(した)こと」(複数可)という質問では、「家からの通いやすさ」約70%、「合格実績」約60%の順に回答が多かった。塾通いは学習サイクルを子どもの生活サイクルとして取り入れるため、通塾時間が長いとそれだけで疲れてしまうと考える保護者が多いことがうかがえる。合格実績については多くの保護者が気になるところだと思われるが、塾全体だけでなく通う校舎の実績も確認するとよいという。

 また、「塾の規模」「授業料」「ママ友などの間での評判」「ネット上の口コミなど」は、いずれも約10~30%弱にとどまった。「その他」として、「面倒見のよさ」「指導方法」「子どもに合っているかどうか」「質問のしやすさ」「カリキュラム」「授業のペース」「教材・テキスト」「通塾日数」「先生の人柄」「通っている子どもたちの顔」など、さまざまな回答があった。

 そのほか、「よく読む雑誌は何か」という質問では、「プレジデントFamiry」が約50%ともっとも多く、ついで「特にない」40%弱、「AERA With Kids」約35%となった。

関連記事:
<特集>中学受験の塾選びサピックス小学部日能研浜学園四谷大塚早稲田アカデミー
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)