2018年の夏、全国的に平年より暑く…猛暑ピークは2回

生活・健康 その他

2018年夏の猛暑見解
  • 2018年夏の猛暑見解
  • 2018年夏の気圧配置の特徴
  • 「熱中症アラーム」サンプル
 ウェザーニューズは2018年7月18日、「猛暑見解2018」を発表した。猛暑のピークは2回あり、「7月下旬」と「8月下旬から9月上旬」と予想される。9月までの気温は全国的に高い傾向にあるという。

 太平洋高気圧とチベット高気圧の張り出しが強まり、上空で2つの高気圧が重なる「ダブル高気圧」の影響で、日本列島がより勢力の強い高気圧に覆われる。そのため、9月にかけて全国的に気温は平年よりやや高い~高い傾向で、猛暑が続く見込み。特に、九州北部から東北北部では、高気圧に覆われるため、平年より気温が高くなる。

 今夏の猛暑のピークは、「7月下旬」と「8月下旬から9月上旬」の2回到来する。一方、「8月上旬から中旬」は、太平洋高気圧の勢力が弱まり、暑さは少し収まる。また、9月中旬以降は、少しずつ秋らしくなっていくと見込まれる。

 ウェザーニューズは、熱中症の危険を事前にスマホにプッシュ通知で知らせるサービス「熱中症アラーム」を提供している。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、「スマートアラーム」にアクセスして登録できる。あらかじめ設定をオンにしておくと、現在地の熱中症の危険性について、熱中症患者が急激に増加する「警戒レベル」、室内にいても熱中症になる恐れがある「最大危険レベル」に達する恐れがある場合に通知を受け取ることができる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)