【自由研究】海水から塩を取り出そう(小学生向け)

 毎年夏休みに小中学生の宿題に出される「自由研究」は、普段はなかなか時間をかけて取り組むことが難しい研究や実験に挑戦できるチャンス。化学、物理、地学、生物…さまざまな分野から、おすすめのテーマをご紹介する。

教育・受験 小学生
【自由研究・実験】海水から塩を取り出そう(小学生向け)
  • 【自由研究・実験】海水から塩を取り出そう(小学生向け)
  • 用意するもの
  • 実験のやりかた1
  • 実験のやりかた1 チャレンジ1
  • 実験のやりかた1 チャレンジ1
  • 実験のやりかた1 チャレンジ2
  • 実験のやりかた1 チャレンジ3
  • 実験のやりかた1 チャレンジ4-1
 毎年夏休みに小中学生の宿題に出される「自由研究」は、普段はなかなか時間をかけて取り組むことが難しい研究や実験に挑戦できるチャンス。化学、物理、地学、生物…さまざまな分野から、おすすめのテーマをご紹介する。

 ここでは、太陽光を利用し「海水から塩を取り出す」方法をご紹介。自由研究テーマ選定の参考にしていただきたい。

自由研究:中学生向け 小学生向け

海水から塩を取り出そう


テーマ【水の蒸発(4年生)ものの溶けかた(5年生)】 実験


対象学年:5・6年生 むずかしさ:★★ 所要時間:5日



 人の生活に欠かせない塩。太陽光を利用し、海水から塩を効率よく取り出す工夫をしてみよう。

用意するもの


いろいろな形の容器(特に平皿やトレイ) 海水または、食塩水
用意するもの

実験のやりかた



実験のやりかた1

海水50mLをさまざまな材質・形の容器に入れて、日当たりのよい窓辺におき、水分が蒸発するまでの時間をくらべる。

ためしてみよう!



ヒント

チャレンジ1


容器の底を黒くぬったら?


容器の底に黒っぽい砂をうすくしいたら?

チャレンジ2


食塩水にぼくじゅうを数てき入れたら?

ヒント2

チャレンジ3


鏡で光を集めて当ててみたら?

チャレンジ4




塩のついた砂を、ガーゼかコーヒーフィルターに入れる。


中の砂が出ないように気をつけながら、コップの中の海水につける。塩だけが溶け出して濃い塩水になる。

実験のやりかた1 チャレンジ4-3

2のときにコップの中のもやもやに気がついたかな?

実験でサイエンス



 水面が広いほど水はたくさん蒸発します。容器の色や材質のちがい(陶器かステンレスかなど)でも結果は異なります。

 砂を入れると、熱くなりやすいといえます。砂粒のすきまに海水が入るので、海水は高い温度になり、効率的に水が蒸発するのです。

発表のためのまとめ



 調べたことを表にまとめてみよう。
発表のためのまとめ
条件
・海水の量を同じにする
・すべて日当たりのよい窓まど辺におく

小学生の夏休み自由研究ブック

発行:永岡書店

<著者プロフィール:NPO法人 ガリレオ工房>
教師を中心にジャーナリスト、研究者、学生などで構成する科学実験の研究・開発グループ。そのユニークで独創的なアイデアや方法は、各界で高い評価を受けている。雑誌・新聞などでの発表のほか、テレビの科学番組にも企画協力している。また、全国各地での実験教室やサイエンスショーも手がけている。2002年に吉川英治文化賞受賞。同年NPO法人として認可される。


《リセマム》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)