【夏休み2018】ハンダづけ・うちわ作りなど、マクニカのエレクトロニクス体験企画

 半導体・ネットワーク・AI・IoT・自動走行ソリューションなどのエレクトロニクス商品やサービスを提供する技術商社マクニカは、2018年8月4日と5日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2018」に出展する。

教育ICT 小学生
Maker Faire Tokyo 2018
  • Maker Faire Tokyo 2018
  • マクニカ
 半導体・ネットワーク・AI・IoT・自動走行ソリューションなどのエレクトロニクス商品やサービスを提供する技術商社マクニカは、2018年8月4日と5日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2018」に出展する。

 「Maker Faire Tokyo 2018」では、「エレクトロニクスを体験しよう!」をテーマにモノづくりの楽しさを体験・学習できるプログラムを各種用意している。マクニカは、Maker Faireマスコットキャラクター「Makey(メイキー)くん」の目がピカピカ光るLEDバッジを作る「ハンダづけ体験」(有料)や、シールやペンでデコレーションをする「オリジナルうちわ作り」など親子で楽しめるエレクトロニクス体験プログラムを実施する。

 そのほか、マクニカ・ブースでは、小学生から大人までエレクトロニクスを体験できる5つのワークショップを開催するが、7月12日時点でワークショップの申込枠はすべて満席。以降のキャンセルなどによる空き状況については、イベント当日のマクニカ・ブース受付にて問合せが必要。ワークショップでは、組み立てたロボットで競争する「ハブラシロボットであそぼう!」や、 IoTの基本要素であるセンサからデータ取得までの一連の仕組みを体験できる「IoTを体験しよう!」、ノンプログラミングでアプリを開発する「IoTのオリジナルアプリを作ろう!」などを実施する。

 また、NVIDIA社製開発キットの即売会も実施。Jetson OrbittyキットやTX2開発キットなどを数量限定で販売する。

 Maker Faire Tokyo 2018の入場料は、前売りが大人1,000円、18歳以下500円、当日が大人1,500円、18歳以下700円。未就学児、障害者手帳所持者本人および付添1名まで無料。

◆Maker Faire Tokyo 2018
日時:
・2018年8月4日(土)12:00~19:00(予定)
・2018年8月5日(日)10:00~18:00(予定)
※入場は終了の30分前まで
会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール(東京都江東区有明3-11-1)
参加費:
【前売】大人1,000円、18歳以下500円
【当日】大人1,500円、18歳以下700円
※未就学児、障害者手帳所持者本人および付添1名まで無料

<親子で楽しめる!エレクトロニクス体験プログラム>
■ハンダづけ体験
開催場所:会場内「Hands On Space」
対象:小学生以上(小学生は要保護者同伴)
参加費:500円
参加方法:開催場所で直接受付(各日先着順、整理券を発行)

■うちわをMake!
開催場所:マクニカ・ブース
参加費:無料
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)