【夏休み2018】SPRK+プログラミングキャンプ、東京・静岡

 日本ロボットが運営するプログラミング教育事業「ビジとれキッズ」は、Sphero社のボール型ロボット「SPRK+」を使ったプログラミングサマーキャンプを2018年8月に東京と静岡の2会場で開催する。対象は小中学生で、各会場とも計60名を募集する。

教育イベント 小学生
ボール型ロボットSPRK+
  • ボール型ロボットSPRK+
  • ビジとれキッズ
 日本ロボットが運営するプログラミング教育事業「ビジとれキッズ」は、Sphero社のボール型ロボット「SPRK+」を使ったプログラミングサマーキャンプを2018年8月に東京と静岡の2会場で開催する。対象は小中学生で、各会場とも計60名を募集する。申込みはWebサイトまたはメールで行う。

 ビジとれキッズは、7月にボール型ロボット「SPRK+」を使ったプログラミング教育を静岡市内小学校で2回実施した。今回は、その実施内容をさらにボリュームアップして東京・静岡の2会場で「ビジとれキッズサマーキャンプ2018」として開催する。

 サマーキャンプでは、タブレットのタッチ操作でブロックプログラミングやドロープログラミングを作成し、ボール型ロボット「SPRK+」を動かすことに挑戦。考えることから自分で作り上げることを通して、プログラムロジックを体験する。体験中はビジとれキッズメンターが子どもの目線に合わせて「目的=ゴール」へ向かってさまざまな課題を一緒に解決していくという。夏休みの自由研究にも適した内容だ。

 実施日は、各会場とも2018年8月21日、22日、23日のA日程と8月28日、29日、30日のB日程の2つ。各日程共通で90分間行うセッションに3日間通して参加する。セッションは1日に3回行われ、ビジとれキッズでは3日間同じ時間のセッションに参加することを勧めている。定員は各回10名。東京・静岡会場ともに、A日程で計30名、B日程で計30名、合計60名の参加者を募集する。

 受講料は1万800円(税込)。なお、ビジとれキッズは受講料の一部を西日本豪雨被災地に義援金として寄付するとしている。申込みはWebサイトの予約フォーム(8月1日午後4時時点で準備中)またはメールで先着順で受け付ける。

◆ビジとれキッズサマーキャンプ2018
日程:
<日程A>2018年8月21日(火)、22日(水)、23日(木)
<日程B>2018年8月28日(火)、29日(水)、30日(木)
時間:13:00~、15:00~、17:00~(各日共通90分のセッション)
※希望日程と時間帯を選択し、3日間セッションに参加する
開催場所:
<東京会場>
東京下高井戸店(東京都世田谷区松原3-42-4 下高井戸市場内1F)
<静岡会場>
静岡県日本平店(静岡県静岡市清水区宮加三700 東海テクノ株式会社内J棟2F)
対象:小学生・中学生
定員:各会場とも各日程・時間帯ごとに10名
受講料:10,800円(税込)
申込方法:Webサイト予約フォーム(8月1日午後4時時点で準備中)またはメール(infomationアットマークbizt-kids.jp:アットマークを@に変えて送信)で申し込む
※各日程・時間帯、定員になり次第締め切る
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)