トガった研究勢揃い「イグ・ノーベル賞の世界展」9/22-11/4

 東京ドームシティの「Gallery AaMo」(ギャラリー アーモ)は、2018年9月22日から11月4日に「イグ・ノーベル賞の世界展」を開催する。

趣味・娯楽 その他
イグ・ノーベル賞の世界展
  • イグ・ノーベル賞の世界展
  • 「イグ・ノーベル賞」受賞研究/悪臭のガス(おなら)を防ぐ、気密性の下着「アンダー・イーズ」 photo:John Chase/Harvard News Office
  • 「イグ・ノーベル賞」受賞研究/バッタが映画「スターウォーズ」を見ているときに興奮することに対して photo:Claire Rind
  • マーク・エイブラハムズ氏
 東京ドームシティの「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」は、2018年9月22日から11月4日に「イグ・ノーベル賞の世界展」を開催する。

 「イグ・ノーベル賞(Ig Nobel Prize)」とは、1991年に創設された「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられる賞。「表のノーベル賞」に対し、「裏ノーベル賞」と言われているという。授賞式は毎年秋に開催され、世界的な話題になる。日本人研究者もこれまで、「カラオケ」や「たまごっち」、「バウリンガル」といった商品や「ハトを訓練し、ピカソとモネを区別させることに成功」などの研究で23組の研究者が受賞している。

 「イグ・ノーベル賞の世界展」は、「イグ・ノーベル賞」を企画運営するサイエンス・ユーモア雑誌「風変わりな研究の年報」の編集者であるマーク・エイブラハムズ氏の協力を得て制作される、世界初の「イグ・ノーベル賞」公式展覧会だ。

 受賞研究の紹介や体験コーナーなど「イグ・ノーベル賞」の軌跡を追いながら、笑って、考えさせられるユニークな研究の数々を楽しむことができるという。

 過去の日本人受賞者の展示や、これまでの受賞のうち特にユニークな研究について、受賞者から借りた実物展示やパネルを展示。受賞分野は生物賞・化学賞・数学賞・経済学賞・平和賞・食物賞など8、9分野にわたり紹介する。展示会に即したユーモア満載の物販販売の実施も予定している。

◆イグ・ノーベル賞の世界展
開催期間:2018年9月22日(土)~11月4日(日)
開催場所:東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)(東京都文京区後楽1-3-61)
開催時間:平日12:00~18:00/土日祝10:00~18:00
※最終入館は閉館の30分前
料金:
 当日券 大人(高校生以上)1,400円/小人(小・中学生)900円
 前売券 大人(高校生以上)1,200円/小人(小・中学生)700円
※未就学児無料(単独入場は不可)
※障がい者手帳の持参者1名に対し介助者1名に限り無料(本人は来場当事者とし有料)
チケット発売:2018年7月14日(土)よりローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、イープラスにて発売中
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)