【台風20号】8/23夜、四国・中国・近畿地方に接近…上陸の恐れ

 強い台風20号は2018年8月23日正午現在、足摺岬の南東約260キロを北北西に進んでいる。今後、四国の南海上を北上し、23日夜には強い勢力を保ったまま、四国・中国・近畿地方に接近し、上陸する見込み。広い範囲で大荒れの天気となる恐れがある。

生活・健康 その他
台風20号の台風経路図
  • 台風20号の台風経路図
  • 台風20号の暴風域に入る確率
 強い台風20号は2018年8月23日正午現在、高知県・足摺岬の南東約260キロを北北西に進んでいる。今後、四国の南海上を北上し、23日夜には強い勢力を保ったまま、四国・中国・近畿地方に接近し、上陸する見込み。広い範囲で大荒れの天気となる恐れがある。

 気象庁によると、台風20号(シマロン)は8月23日正午現在、足摺岬の南東約260キロを1時間におよそ35キロの速さで北北西へ進んでいる。今後、四国の南海上を北上し、23日夜には強い勢力を維持したまま、四国・中国・近畿地方にかなり接近し、上陸。24日朝に山陰沖へ達し、25日には北海道に接近すると予想されている。

 気象庁予報部が8月23日午後0時45分に発表した台風情報によると、台風20号の中心は24日午前0時には鳥取市付近の北緯35度30分、東経134度10分を中心とする半径70キロの円内に達する見込み。

 台風の接近に伴い、西日本を中心に風が急に強まり、8月23日夕方から24日未明にかけて猛烈な風が吹き、海は23日昼過ぎから猛烈なしけとなる見込み。西日本の特に瀬戸内海では、顕著な高潮が発生する恐れもあるという。

 台風19号(ソーリック)と湿った東よりの風が続いている影響で8月23日現在、紀伊半島から九州の太平洋側の南東向きの斜面を中心に多いところで400ミリを超える大雨となっている。さらに今後は、四国・中国・近畿地方を中心に台風本体の雨雲がかかり、24日午前中にかけて非常に激しい雨が降り、局地的には1時間80ミリ以上の猛烈な雨になりそう。

 8月24日午後0時までの24時間の雨量は、多いところで四国地方800ミリ、近畿・東海地方600ミリなど。このほか、普段雨の少ない瀬戸内海に面した兵庫県で350ミリ、岡山県で200ミリ、香川県で250ミリなど、広い範囲で大雨の恐れがある。

 平成30年7月豪雨の被災地を含め、台風が接近する地域では大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風、うねりを伴った高波、高潮に厳重に警戒するとともに、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要。気象庁では、各地の気象台が発表する気象情報を確認し、市町村の避難勧告などに従い、夜間を避け、暴風が吹く前の早めの避難を呼び掛けている
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)