10代女子が選ぶ、2018年上半期トレンドランキング、ヒト部門1位に芸人

 マイナビが運営する10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」は2018年8月28日、「2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング」を発表した。ヒト部門の1位には「ひょっこりはん」、モノ部門の1位には動画アプリ「Tik Tok」が選ばれた。

生活・健康 高校生
2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング
  • 2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング
  • 「2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング」ヒト部門(TOP10)
  • 「2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング」モノ部門(TOP10)
  • 「2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング」コト部門(TOP10)
  • 「2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング」コトバ部門(TOP10)
 マイナビが運営する10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」は2018年8月28日、「2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング」を発表した。ヒト部門の1位には「ひょっこりはん」、モノ部門の1位には動画アプリ「Tik Tok」が選ばれた。

 「2018年上半期 10代女子が選ぶトレンドランキング」は、13~19歳のマイナビティーンズ会員を対象に実施したアンケート結果をまとめたもの。回答数は437名。調査期間は6月14日~6月29日。

 ヒト部門の1位はお笑い芸人の「ひょっこりはん」。ネタを真似たポーズでプリクラを撮影し、SNSに投稿する女子高生が多く見られたという。2位は5月にデビューした「King & Prince」、3位は韓国のボーイズグループ「BTS」がランクインした。

 モノ部門では、BGMに合わせてリップシンク動画やダンス動画を撮影してSNSに投稿したり、投稿されている動画を見たりすることがヒットした動画アプリ「Tik Tok」が1位。2位は台湾グルメ「Gong cha(ゴンチャ)」、3位はオンラインで全国の人と対戦ができるバトルロワイアルゲームアプリ「荒野行動」が選ばれた。

 コト部門の1位はドラマ「花のち晴れ ~花男 Next Season~」。ドラマ放送時にはリアルタイムで感想をSNSに投稿するティーンが続出したという。2位は深夜放送のドラマ「おっさんずラブ」、3位はドラマ「トドメの接吻」がランクイン。

 コトバ部門の1位は、程度を表す意味合いで使われることが多い「○○みが強い」。2位は「いい波のってんね~」、3位は「語彙力」だった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)