神奈川県教委、LINEを活用したいじめ相談を試行的に実施9/10-23

 神奈川県教育委員会は、中高生が日頃使い慣れているSNSなどを活用して、いじめの相談ができる「SNSいじめ相談@かながわ」を試行的に実施する。実施期間は、2018年9月10日から9月23日まで。

生活・健康 中学生
画像はイメージです
  • 画像はイメージです
  • 神奈川県
 神奈川県教育委員会は、中高生が日頃使い慣れているSNSなどを活用して、いじめの相談ができる「SNSいじめ相談@かながわ」を試行的に実施する。実施期間は、2018年9月10日から9月23日まで。

 試行的に実施されるSNSを利用した「いじめ相談」は、神奈川県内の学校から抽出した101校の生徒約5万8,000人が対象。学校の内訳は、県立が高校36校・中等教育学校1校・特別支援学校8校、市町村立が中学校43校・義務教育学校1校・高校2校、私立が中学校4校・高校5校・中等教育学校1校。

 いじめ相談にはLINEを活用。対象校の生徒には、LINEの相談窓口につながるQRコードを記載したカードが配布される。相談を希望する生徒は事前に「友だち登録」を行うことで、チャットを使って相談ができるようになる。生徒の悩み相談には、専門の相談員が応じる。

 相談を受けた生徒には、相談直後および相談後2週間程度の2回に分けて、LINEによるアンケートを実施。アンケートでは、相談のしやすさや相談による改善状況などについて聞き、アンケート結果およびアクセス件数、対応件数などのデータをもとに、SNS相談の効果などを検証する。

 SNS相談の実施期間は、2018年9月10日から23日まで。受付時間は、午後5時から9時まで。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)