【高校受験2019】島根県立高の募集定員、松江東・大社・益田で学級減

 島根県教育委員会は2018年9月3日、2019年度(平成31年度)県立高等学校の入学定員を発表した。全日制課程の募集定員は、前年度比120人減の5,070人。松江東、大社、益田の3校で、各1学級を削減する。

教育・受験 中学生
入学定員の増減
  • 入学定員の増減
  • 入学定員の減がある高校
  • 全日制課程の入学定員
  • 定時制課程などの入学定員
  • 公立高校入学者選抜関係の日程
 島根県教育委員会は2018年9月3日、2019年度(平成31年度)県立高等学校の入学定員を発表した。全日制課程の募集定員は、前年度比120人減の5,070人。松江東、大社、益田の3校で、各1学級を削減する。

 島根県教育委員会によると、2019年3月の県内中学校卒業予定者は、2018年と比べて県内全体で219人の減少が見込まれている。各地域の中学校卒業生の増減や近年の定員充足状況などを踏まえ、2019年度県立高校では全日制課程で3学級120人の定員削減を行い、入学定員は5,070人となる。

 入学定員が削減される高校は、松江東、大社、益田の3校。各校とも普通科1学級40人の減少。定員削減により、各校の学級数は松江東が5学級、大社が6学級、益田が4学級となる。

 おもな学校の募集定員は、松江北(普通)240人・松江北(理数)40人、出雲(普通)280人・出雲(理数)40人、益田(普通)120人・益田(理数)40人、大田(普通)120人・大田(理数)40人、松江南(普通)240人・松江南(理数)40人、浜田(普通)200人・浜田(理数)40人など。

 2019年度島根県公立高等学校入学者選抜の日程は、推薦選抜・中高一貫教育校特別選抜・スポーツ特別選抜が2019年1月10日~16日に願書を受け付け、1月28日に合格内定を通知する。一般選抜は、1月31日~2月5日に願書、2月13日~19日に志願変更を受け付け、3月6日に学力検査、3月13日に合格発表を行う。

 学校・学科ごとの入学定員一覧は、島根県教育委員会WebサイトよりPDF形式で公開している。全日制課程のほか、定時制課程、通信制課程、専攻科の入学定員・学級数が確認できる。また、参考として松江市立女子の入学定員も掲載している。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)