SGH指定校の生徒・関係者対象、国際ESD・生徒成果発表会

 筑波大学附属坂戸高等学校は、筑波大学東京キャンパス文京校舎にて2018年11月8日に開催する「第7回高校生国際ESDシンポジウム@東京」および「第4回全国SGH校生徒成果発表会」への参加を受け付けている。

教育イベント 先生
筑波大学附属坂戸高等学校「第7回高校生国際ESDシンポジウム・第4回全国SGH校生徒成果発表会」受付案内
  • 筑波大学附属坂戸高等学校「第7回高校生国際ESDシンポジウム・第4回全国SGH校生徒成果発表会」受付案内
  • スーパーグローバルハイスクールとは
 筑波大学附属坂戸高等学校は、筑波大学東京キャンパス文京校舎にて2018年11月8日に開催する「第7回高校生国際ESDシンポジウム@東京」および「第4回全国SGH校生徒成果発表会」への参加を受け付けている。対象は全国のSGH指定校およびSGHアソシエート校の生徒・教員、教育関係者。

 東南アジア各国の高校生および SGH指定校の生徒や教員が集い、持続可能な社会づくりに向けた国際シンポジウムを開催する。シンポジウムや発表を通じて、参加者が持続可能な社会の実現を目指し、グローバル課題に主体的に取り組む姿勢を養成するねらい。SGH各校の生徒が集結し、SGHに関する成果や実践内容を共有し、グローバル人材としての資質を高めることを目的に開催するという。

 海外からはインドネシア環境林業省附属高等学校(インドネシア)、ボゴール農科大学附属コルニタ高等学校(インドネシア)、カセサート大学附属高等学校(タイ)、カセサート大学附属高等学校カンペンセン校(タイ)、フィリピン大学附属高等学校(フィリピン)の5校が参加する。このほか、筑波大学附属坂戸高等学校に通うインドネシア、タイ、デンマーク、台湾からの留学生も参加予定。

 大会テーマは「SDGs×High School Students―What will YOU do to make tomorrow's world better?―」。ポスターセッションや、SDGsに関連したテーマで 4、5分程度の高校生による分科会を実施する。このほか、国際機関や海外展開をしている企業などが展示コーナーやブースを設置する。

 開催は2018年11月8日午前9時50分から午後3時半まで。参加申込みは筑波大学附属坂戸高等学校の案内に従い、指定の申込みフォームに必要事項を記入のうえ送信すること。申込みに際し、筑波大学付属坂戸高等学校は「毎年、満員御礼となっておりますので、参加を希望される場合、お早めに登録していただけますよう、よろしくお願いいたします」とコメントしている。

 「SGH(スーパーグローバルハイスクール)」とは、目指すべきグローバル人物像を設定し、国際化を進める国内外の大学を中心に、企業、国際機関等と連携を図り、グローバルな社会課題、ビジネス課題をテーマに横断的・総合的な学習、探究的な学習を行う高等学校等のこと。取組みや成果・事例などを紹介するWebサイトの管理は、幹事校である筑波大学附属高等学校の管理機関が担っている。

◆第7回高校生国際ESDシンポジウム@東京/第4回全国SGH校生徒成果発表会
日時:2018年11月8日(木)9:50~15:30まで(受付開始9:20)
会場:筑波大学東京キャンパス 文京校舎(東京都文京区大塚3-29-1)
対象:全国のSGH指定校およびSGHアソシエート校の生徒および教員、教育関係者
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)