約45校参加、ブリティッシュ・カウンシル「英国留学フェア2018」10/20

 英国の公的な国際交流機関であるブリティッシュ・カウンシルは、2018年10月20日に秋葉原UDX GALLERYにて「英国留学フェア2018」を開催する。英国の教育機関約45校が参加し、個別相談に応じるほか各種セミナーが行われる。参加無料、登録制。

教育イベント 高校生
ブリティシュ・カウンシル「英国留学フェア2018」
  • ブリティシュ・カウンシル「英国留学フェア2018」
  • ブリティシュ・カウンシル「英国留学フェア2018」開催プログラム
  • ブリティシュ・カウンシル「英国留学フェア2018」セミナー内容
  • ブリティシュ・カウンシル
 英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルは、2018年10月20日に「秋葉原UDX GALLERY」にて「英国留学フェア2018」を開催する。英国の教育機関約45校が参加し、個別相談に応じるほか各種セミナーが行われる。参加無料、登録制。

 世界大学ランキング(QS World University Ranking 2019)でトップ10に4校、100位以内に18校がランクインしている英国では、高等教育質保証機構(QAA)が厳しい審査を行っているため、どの大学においても一定の教育の質と水準が保障されているという。ブリティッシュ・カウンシルによると、近年は夏休みや春休みを利用して参加できる短期プログラムや、1年間の留学プログラムが人気。学生自身のレベルや希望に合わせた留学を実現できる点は、英国留学の魅力のひとつだとしている。

 「英国留学フェア2018」には、英国から中学・高校、大学学部、大学院に加えて、語学、短期などさまざまなコースを提供する教育機関約45校が参加予定。参加校の一覧は、ブリティッシュ・カウンシル「英国留学フェア2018」Webサイト内の「参加教育機関」で確認できる。

 参加する各教育機関は、個別ブースで来場者の疑問や質問に直接応じる。そのほか、駐日英国大使館のビザ担当者が直接相談に応じるビザ相談コーナーや、留学経験者コーナー、奨学金相談コーナー、英語準備/IELTSコーナーなど、来場者の悩みや不安に思うことに合わせて詳しい相談ができるさまざまなプログラムが用意されている。

 フェア当日は、各種セミナーも実施する予定。英国語学留学基礎セミナーや、英国のボーディングスクール(寮生学校)の特徴などを紹介するセミナー、日本学生支援機構(JASSO)および文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」が提供する奨学金を紹介するセミナー、留学経験者が留学後のキャリアについて語るトークショーなど実用的な内容が用意されているほか、参加大学による「大学進学準備コース(ファウンデーションコース)」「国際関係学・開発学」「アート・デザイン」「ビジネス・MBA」 についてのセミナーも予定されている。

 参加は無料。登録制で、Webサイトから事前登録を行っておくと当日スムーズに入場できる。当日会場でも登録可能。事前登録者には先着200名に記念品が用意されているほか、抽選で1組2名にブリティッシュ・エアウェイズの東京・ロンドン間の往復航空券(エコノミークラス)をプレゼントするキャンペーンも実施する。

◆英国留学フェア2018
日時:2018年10月20日(土)13:00~18:00 ※入退場自由
会場:秋葉原UDX GALLERY(東京都千代田区外神田4-14-1)
参加費:無料
参加方法:登録制、当日会場での登録も可能(Web事前登録者には特典あり)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)