東工大、授業料10万円値上げ…標準額超す

 東京工業大学は2018年9月13日、2019年年度以降の入学者の授業料について、学士課程・大学院課程ともに現行の授業料(年額)53万5,800円を63万5,400円に改定すると発表した。

教育・受験 高校生
東京工業大学「2019年度以降入学者(学士課程・大学院課程)の授業料を改定」
  • 東京工業大学「2019年度以降入学者(学士課程・大学院課程)の授業料を改定」
  • 国公私立大学の授業料等の推移
 東京工業大学は2018年9月13日、2019年年度以降の入学者の授業料について、学士課程・大学院課程ともに現行の授業料(年額)53万5,800円を63万5,400円に改定すると発表した。9万9,600円の値上げとなり、文部科学省令で定める標準額を超える。

 国立大学の授業料と入学金は、文部科学省が標準額を定めており、授業料(年額)は2005年(平成17年)より53万5,800円(年額)を維持している。国立大学は、文部科学省の決めた標準額の20%増を限度に、各大学が入学金と授業料を決定している。旺文社教育情報センターによると、2018年度(平成29年度)はどの国立大学・学部も文系・理系を問わず、標準額の通りに設定しているという。

 東京工業大学は、2019年4月以降の学士課程入学者と2019年9月以降の大学院課程(修士課程・専門職学位課程・博士後期課程)入学者の授業料について、学士課程・大学院課程ともに現行の授業料(年額)53万5,800円を63万5,400円に改定する。授業料改定により、国際化の推進、教育環境等の整備、学生の国際交流活動の充実といった教育内容・環境の向上を図る。

 なお、2018年度以前に入学した学士課程学生、2019年4月までに入学した大学院課程学生は、2019年度以降も現行の授業料(年額)53万5,800円で変更はない。ただし、現在在籍している課程を卒業・修了し、新たに課程に入学・進学した場合には、入学・進学時の授業料年額が適用される。

 授業料値上げに伴い、志のある学生が経済的状況により学ぶ機会を逸することがないよう、新たな給付型奨学金の創設など、経済格差の解消に努めるとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)