埼大STEM教育研究センター、冬・春休み開催の「STEM CAMP」参加者募集

 埼玉大学STEM教育研究センターは、2018年12月27日から29日に長野・白馬、2019年3月25日から27日に東京・浅草で開催する、2泊3日の「STEM CAMP」の参加者の募集を開始した。対象は小学生から高校生、申込みは先着順。

教育ICT 小学生
ひとりひとりオリジナルのロボットを作る
  • ひとりひとりオリジナルのロボットを作る
  • 浅草CAMPのようす
  • ワークショップのようす
  • ワークショップのようす
  • ワークショップのようす
  • 浅草CAMPのようす
 埼玉大学STEM教育研究センターは、2018年12月27日から29日に長野・白馬、2019年3月25日から27日に東京・浅草で開催する、2泊3日の「STEM CAMP」の参加者の募集を開始した。対象は小学生から高校生、申込みは先着順。

 STEM教育・プログラミング教育に関する実践研究を実施している埼玉大学STEM教育研究センターでは、長期休みに宿泊をしながらロボット作りを体験する「STEM CAMP」を開催している。2泊3日のキャンプ中はじっくりロボット作りに取り組み、ロボットプログラミングのワークショップだけではなく国際交流や自然体験などさまざまな経験ができる。

 冬休みは2018年12月27日から29日の2泊3日、長野県にて開催。ワークショップテーマは「ロボットやAIで変わる未来の農業」。長野県の自然を堪能するアクティビティと、自然を生かして方法を考えるようなロボットのワークショップを予定している。ロボット作りの初心者から参加できるとしている。最終日にはスキーに挑戦。インストラクターの指導のもと、長野の自然に触れながら、頭だけではなく体も動かしながら学ぶ内容となっている。

 春休みは2019年3月25日から27日の2泊3日、東京・浅草にて開催。ワークショップテーマは「サービスロボット、ペットとボットで便利に癒されよう?!」とし、家の中や身の回りの生活を助けてくれるようなロボットを作ったり、ペットのように癒しを与えてくれる便利なサービスロボットを研究する。

 冬のSTEM CAMP(長野)の開催日時は2018年12月27日から29日で、対象は小学3年生から高校生。春の国際STEM CAMP(浅草)の開催日時は2019年3月25日から27日で、対象は小学生から高校生。いずれも参加費は45,000円(税別)で、先着順で申込みを受け付ける。募集の締切りは各キャンプの1か月前。申込みはいずれも埼玉大学STEM教育研究センターのWebサイトから行う。

◆冬のSTEM CAMP@長野
日時:2018年12月27日(木)~29日(土)
場所:長野県白馬村、大町市(予定)
宿泊:モンブラン白馬(長野県北安曇郡白馬村神城22200-8)
対象:小学3年生~高校生
定員:15名(先着順)
応募締切り:キャンプの1か月前まで
申込方法:埼玉大学STEM教育研究センターWebサイトから行う
参加費:45,000円(税別)※宿泊費、ワークショップ参加費、持ち帰り教材費を含む
ワークショップテーマ:ロボットやAIで変わる未来の農業
※最終日にはスキーに挑戦する。スキーはインストラクター付きのレッスンを予定しており、初心者から参加できる

◆春の国際STEM CAMP@浅草
日時:2019年3月25日(月)~27日(水)
場所:台東区民会館(東京都台東区花川戸2丁目6-5)
宿泊:浅草 サクラホステル浅草(東京都台東区浅草2丁目24-2)
対象:小学生~高校生
定員:15名(先着順)
応募締切り:キャンプの1か月前まで
申込方法:埼玉大学STEM教育研究センターWebサイトから行う
参加費:45,000円(税別)※宿泊費、ワークショップ参加費、持ち帰り教材費を含む
ワークショップテーマ:サービスロボット、ペットとボットで便利に癒されよう?!
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)