英検、2019年度から従来型の検定料値上げ

 日本英語検定協会(英検協会)は2018年11月20日、2019年度から従来型の実用英語技能検定(英検)の検定料を改定すると発表した。準会場5級を除き、すべての級で検定料を値上げする。

教育業界ニュース 英語・語学
改定後の検定料
  • 改定後の検定料
  • 日本英語検定協会
 日本英語検定協会(英検協会)は2018年11月20日、2019年度から従来型の実用英語技能検定(英検)の検定料を改定すると発表した。準会場5級を除き、すべての級で検定料を値上げする。

 英検協会によると、従来型の英検は近年、多くの大学や高校の入試に採用され、「英語能力を測定する英語学習者のための検定試験」というこれまでの位置付けから、新たに「入学試験」の要素が加わった。そのため、受験者は増加傾向にあり、会場借用単価や人件費、セキュリティー関連費用など、実施運営に関わる経費も増加しているという。

 今回の検定料改定については、「実施運営に関わる費用が割高になっている中、これまでは検定料を据え置いてまいりましたが、いよいよ価格に反映する必要性に迫られ、近年の受験者動向を勘案したうえで、来年度から検定料を改定させていただくことといたしました」と説明している。

 2019年度からの検定料は、公開会場が1級9,500円(現在8,400円)、準1級7,600円(現在6,900円)、2級6,500円(現在5,800円)、準2級5,900円(現在5,200円)、3級4,900円(現在3,800円)、4級3,600円(現在2,600円)、5級3,000円(現在2,500円)。

 準会場は2級5,500円(現在5,400円)、準2級4,900円(現在4,800円)、3級3,900円(現在3,400円)、4級2,600円(現在2,100円)、5級2,000円(変更なし)。値上げ幅は、公開会場で500~1,100円、準会場で100~500円となる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)