英語を習っている子ども、2人に1人が0歳から

 子どもに英語を習わせている家庭の子どもの2人に1人が0歳から英語を習いはじめていることが、カラダノートが2018年11月22日に発表した「子どもの英語習得に関する意識調査」の結果より明らかとなった。

教育・受験 未就学児
英語の習い事をはじめるきっかけ
  • 英語の習い事をはじめるきっかけ
  • 子どもが何歳のときに英語を習いはじめたか
 子どもに英語を習わせている家庭の子どもの2人に1人が0歳から英語を習いはじめていることが、カラダノートが2018年11月22日に発表した「子どもの英語習得に関する意識調査」の結果より明らかとなった。

 「子どもの英語習得に関する意識調査」は、カラダノートが妊娠、育児中の母親向けメディア「カラダノートママびより」のユーザーを対象に実施したもの。調査期間は、2018年9月11日から18日まで。772人の有効回答を得た。

 対象者のうち子どもに英語を習わせている171人に対し、英語の習い事をはじめるきっかけについて聞いたところ(複数回答)、「子どもが将来困らないように」61.4%が最多。そのほか、母親自身が「英語を話せない・苦手だから」40.4%、「小学校で必修になったから」26.3%、「子どもが興味を持った」18.7%などが続いた。

 続いて、子どもが英語を習いはじめた時期について聞いたところ、49.7%が「1歳未満から」と回答しており、2人に1人が日本語でも喃語の0歳から英語をはじめていることがわかった。早期に英語をはじめる理由として、「発音や耳を鍛えたいから」「いざ勉強したいと思ったときに音の違いがわからないと不便と思ったから」などの声があがった。

 英語の習い事にかける金額は、「月額5,000円未満」43.8%が最多で、中には月額2万円以上の費用をかける人も9.4%いた。英語学習の方法として、子どもの年齢が3歳までは半数以上が「通信教育・教材」で英語に触れ、4歳からは半数以上が「英会話教室」で英語を学ぶ傾向がみられた。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)