JAXA「宇宙教育シンポジウム」3/2-3…ポスターセッションなど参加者募集

 JAXA宇宙教育センターは2019年3月2日・3日の2日間、「平成30年度宇宙教育シンポジウム」を開催する。参加は無料。宇宙教育に関心のある18歳以上を対象に、ポスターセッションや宇宙教育教材を展示する参加者および当日シンポジウムを観覧する参加者を募集する。

教育業界ニュース イベント・セミナー
平成30年度 宇宙教育シンポジウム
  • 平成30年度 宇宙教育シンポジウム
  • プログラム(一部)
  • JAXA宇宙教育センター
 JAXA宇宙教育センターは2019年3月2日・3日の2日間、「平成30年度(2018年度)宇宙教育シンポジウム」を開催する。参加は無料。宇宙教育に関心のある18歳以上を対象に、ポスターセッションや宇宙教育教材を展示する参加者および当日シンポジウムを観覧する参加者を募集する。

 「宇宙教育シンポジウム」は、宇宙教育のさまざまな魅力や教材、実践例紹介のほか、ワークショップなどを通じた宇宙教育の理解増進とすそ野拡大を目的としたイベント。2018年度は「子どもたちの未来を拓く“宇宙教育”」をテーマに、地域に根差した宇宙教育活動を展開している日本宇宙少年団(YAC)や子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)による事業紹介、基調講演、ワークショップなどを2日間かけて開催する。

 初日は、JAXA宇宙教育センターによる「国際協力の枠組みによる宇宙教育活動」「地域に根ざしたコズミックカレッジの取組み」といったテーマによる講演のほか、『「好奇心・探究心・匠の心」と「子どもの心に火をつける」を再考する~宇宙教育の深化に向けて~』と題した基調講演、YACとKU-MAによる事業紹介を実施。終盤には各地から参加した宇宙教育関係者同士による情報交換会も行われる。

 2日目は、JAXA最新研究の紹介のほか、参加者自身が各地で実践する「宇宙教育」について、その内容と成果を発表するポスターセッションを実施。さらに、より深く宇宙教育の意味や意義について考えるきっかけを提示するワークショップ「あなたの考える宇宙教育とは?」を行う。会場には、参加者が自ら発案、創意工夫して作り出した宇宙教育教材を展示・実演する場も設置。ポスターセッション、宇宙教育教材の展示・実演へ参加希望する場合は個別に申込みが必要。

 初日のシンポジウム開催前には、JAXA相模原キャンパス見学会も開催。参加希望者は、申込時に同時に申し込むことができる。申込みはすべてWebサイトで受け付けている。JAXA宇宙教育センターでは「シンポジウムを通して宇宙教育に関する現状に触れ、参加者同士の幅広い交流が行われることに期待している」とし、普段から宇宙教育活動に取り組む個人・団体や、宇宙教育に関心のある人に幅広く参加してほしいとしている。

◆平成30年度(2018年度)宇宙教育シンポジウム
日時:
・2019年3月2日(土)13:00~17:20(12:00受付開始)
・2019年3月3日(日)9:00~15:30
※JAXA相模原キャンパス見学会は2019年3月2日(土)10:00~11:30
会場:国民生活センター(神奈川県相模原市中央区弥栄3-1-1)
対象:18歳以上(高校生除く)の宇宙教育の実践者や宇宙教育に関心がある人、および日頃より青少年教育活動に取り組んでいる人
参加費:無料(会場までの交通費、宿泊代、飲食代などは各自負担)
申込方法:JAXA宇宙教育シンポジウムWebサイトから申し込む
申込期限:2019年2月15日(金)17:00まで
※定員になり次第締め切る。事前登録必須、当日申込不可
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)