2019年春の花粉、飛散量は前年比2.7倍…ピークは2月下旬から

 ウェザーニューズは2018年12月4日、2019年花粉シーズンの「第二回花粉飛散傾向」を発表した。西・東日本の飛散ピークは2019年2月下旬から、飛散量は全国平均で2018年の2.7倍と予想している。

生活・健康 その他
花粉の飛散開始予想
  • 花粉の飛散開始予想
  • 飛散ピーク予想
  • 花粉の飛散量
 ウェザーニューズは2018年12月4日、2019年花粉シーズンの「第二回花粉飛散傾向」を発表した。西・東日本の飛散ピークは2019年2月下旬から、飛散量は全国平均で2018年の2.7倍と予想している。

 スギの雄花は、寒さがピークを過ぎて暖かくなると、休眠を終えて花粉の飛散を開始する。2018年12月~2019年2月の気温は平年並か平年より高い予想で、スギ・ヒノキ花粉の飛散開始時期は平年並かやや早い見込み。寒さが緩む2019年2月上旬に関東や九州南部を中心に飛散が始まり、2月中旬には飛散エリアが近畿や東海など西・東日本の広範囲にわたり、3月上旬にかけて東北へ拡大する。

 スギ花粉の飛散ピークは、西・東日本の広範囲で2月下旬~3月中旬、東北では3月中旬~4月上旬の予想。スギ花粉のピークを越えると、西日本からヒノキ花粉が増加していき、太平洋側のエリアではおおむね3月下旬~4月上旬、日本海側のエリアでは4月上旬~中旬に飛散量がピークとなる予想。シラカバ花粉が飛散する北海道では、道南・道央はゴールデンウィーク前後、道北・道東は5月中旬に飛散ピークを迎える予想としている。

 2019年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、全国平均では平年の6割増、2018年の2.7倍となる予想。特に東日本を中心に予想飛散量が平年の1.5~3倍になる見込みで、記録的猛暑の影響から6年ぶりの大量飛散となる恐れがある。ウェザーニューズでは、ここ数年、花粉症の症状が軽かった人やまだ発症したことがない人も、2019年シーズンはしっかり対策を行うよう注意を呼び掛けている。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)