【高校受験2019】千葉県公立高入試、英語リスニングテストで事故

 千葉県教育委員会は2019年2月12日、同日に実施した前期選抜第1日の学力検査において、県立柏の葉高校にて英語のリスニングテスト実施中に、一部英文を読み上げる音声が聞こえなくなるという事故が発生したことを発表した。

教育・受験 中学生
千葉県教育委員会「平成31年度高等学校入学者選抜情報」
  • 千葉県教育委員会「平成31年度高等学校入学者選抜情報」
  • 平成31年度千葉県公立高等学校「前期選抜等」の受検状況
 千葉県教育委員会は2019年2月12日、同日に実施した前期選抜第1日の学力検査において、県立柏の葉高校にて英語のリスニングテスト実施中に、一部英文を読み上げる音声が聞こえなくなるという事故が発生したことを発表した。

 県立柏の葉高校では、英語の学力検査におけるリスニングテストの実施中に、大問1のNo.1からNo.3の英文を読み上げる音声が聞こえなくなるという事故が発生。リスニングテストは大問1から大問4で構成されており、大問2と大問3、大問4については適切に検査が実施されたが、大問1のNo.1からNo.3については解答への影響があったという。

 こうした事態を踏まえ、柏の葉高校では大問1のNo.1からNo.3について、受検者全員に9点を与えることとした。柏の葉高校の受験者数は、普通科が409人、情報理数科が69人の計478人だった。

 今後、前期選抜などは2月13日に第2日の検査(高校ごとの検査)を実施し、2月19日午前9時に合格発表を行う。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)