【GW2019】0歳から入場可能「こどもの日コンサート2019」横浜5/5

 横浜みなとみらいホール(横浜市芸術文化振興財団)は2019年5月5日、「横浜銀行Presents こども未来ミュージック・プログラム こどもの日コンサート2019」を開催する。1日2回公演で、1回目は小学生以上、2回目は0歳の子どもから入場できる。

趣味・娯楽 未就学児
こどもの日コンサート2018より (c) 藤本史昭
  • こどもの日コンサート2018より (c) 藤本史昭
  • こどもの日コンサート2019
 横浜みなとみらいホール(横浜市芸術文化振興財団)は2019年5月5日、「横浜銀行Presents こども未来ミュージック・プログラム こどもの日コンサート2019」を開催する。1日2回公演で、1回目は小学生以上、2回目は0歳の子どもから入場できる。

 「こどもの日コンサート2019」は、大迫力のオーケストラと児童合唱のハーモニーで楽しむクラシックコンサート。壮大な曲からメロディーの美しい曲まで、生演奏で音楽の響きを身体中で体感できる。

 プログラム1では、「虹の彼方に」(映画「オズの魔法使い」より)や「ドレミの歌」(映画「サウンド・オブ・ミュージック」より)など聴き馴染みのあるミュージカルの名曲メドレーを演奏。児童合唱の歌声とオーケストラがハーモニーを奏でる。

 プログラム2では、ビゼー作曲「アルルの女 第2組曲より“ファランドール”」やアンダーソン作曲「トランペット吹きの休日」など5曲を演奏。明るく華やかな曲から力強く荘厳な曲まで「オーケストラってすごい」と思える曲ばかりを選曲しているという。

 プログラム3では、横浜みなとみらいホール館長の池辺晋一郎氏作曲による「こどもたちとオーケストラのための協奏的マーチ“さか・さかさ・かさ”」を演奏。マーチのリズムに乗って“ドレミファソラシド”を上がったり下がったり、音楽の坂道を歌や手拍子でオーケストラと一緒に演奏できる。

 コンサートは全席指定。1日2回公演で、1回目は小学生以上、2回目は0歳の子どもから入場できる。料金は、高校生以下1,000円、大学生以上2,500円。Miraist Club(横浜みなとみらいホール友の会)会員は大学生以上10%割引となる。チケットは、横浜みなとみらいホールチケットセンターのほか、チケットセンターWEB、チケットぴあにて取り扱っている。

◆横浜銀行Presents こども未来ミュージック・プログラム こどもの日コンサート2019
日時:2019年5月5日(日・祝)1回目 13:00開演(12:20開場)/2回目 15:30開演(14:50開場)
会場:横浜みなとみらいホール 大ホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-6)
料金:
<1回目公演>小学生~高校生1,000円、大学生以上2,500円(未就学児入場不可)
<2回目公演>0歳~高校生1,000円、大学生以上2,500円
※いずれの公演も全席指定
※Miraist Club(横浜みなとみらいホール友の会)会員は大学生以上10%割引
チケット取扱:横浜みなとみらいホールチケットセンター、チケットセンターWEB、チケットぴあ
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)